芸能

もうCD出さないはずじゃ? misono、台湾で音楽活動再開宣言も「失礼」の声

“引退詐欺”からのまさかの再スタート宣言にはただただ呆れるしかない…

 すっかり炎上キャラが定着したmisonoが、活動拠点を台湾に移し音楽活動を本格再開させることが5月8日にわかった。最近では、バラエティ番組出演ばかりが目立ち、タレント業がメインとなっているmisonoは2016年にソロとして初の海外ライブを行った台湾での再出発を決意。日本でのタレント活動を継続しつつ台湾では音楽活動に力を入れ、台湾でも現在所属するエイベックスがバックアップしていくという。関係者によると、年内には台湾に拠点を移し、事実婚状態の4人組バンド「HighsidE」のドラマー・Nosukeは日本に残るとのこと。misonoは中国語の勉強に取り組むなど、気合いも十分のようだ。

 しかし、misonoにとってはデビュー16年での一大決心ではあるものの、やはりアンチは多く、ネット上では「ってか、引退するんじゃなかったのかよ」「CDはもうリリースしないって言ってくせに、相変わらずせこいな」「日本じゃ売れないから台湾って…台湾を舐めるなよ」と、批判の声が上がっている。

「14年10月には『1万枚売れなかったらもうCDを発売することができません』という公約で、アルバム『家-ウチ-』をリリースするも、1万枚を売り上げることはできませんでした。そのため、CDリリースは封印してきたわけですが、台湾での歌手活動では将来的にはCD解禁を目指していくとのこと。でも、それではCDをもう発売しないという公約は破る形になってしまいますから、“芸能界引退詐欺”に続いて、“2度目の詐欺行為”をしたと断定されてしまったようですね。本人はまたブログで長文の釈明はするでしょうが、今までも単なる言い訳ととらえられてきたように、今回も世間に納得してもらえることはないでしょう」(エンタメ誌ライター)

 台湾でもアンチが増え、日本と台湾の良好な関係性を悪化させるようなことにならないように祈るばかりである。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
日テレアナも号泣! 長渕剛、“TOKIOのための熱唱”に感動する人々が続出
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由