スポーツ

女子高生スイマーが決断!池江瑠璃子の進学を巡って競泳界も「お家騒動」へ

 2020年、東京五輪は競泳女子の池江璃花子が主役になる。泳ぐたびに日本記録を更新しており、そんな声が競泳関係者以外からも聞かれた。

「前回のリオデジャネイロ五輪ではリレーを含む7種目に出場しましたが、東京大会では最大の9種目に出場する可能性もあります」(体協詰め記者)

 そんな女子高生スイマーを巡って、水面下での駆け引きが行われていた。池江が「どこの所属」で東京五輪に出るのか、彼女の獲得に成功した団体が競泳界の覇権を握るからだ。

「池江はこの4月から高校三年生。複数の大学から勧誘を受けていました。それもかなり以前から」(前出・体協詰め記者)

 その複数の大学の中から池江が選んだのが日本大学だというのだ。確かに日大水泳部は名門だが、北島康介が活躍して以来、「日本競泳界の主流」は東洋大学に移っている。北島は現役を退いたが、彼を育てた平井伯昌コーチは今も同大学水泳部の監督であり、日本代表のヘッドコーチに、競泳委員長も務めている。こうした競泳界のパワーバランスはもちろん、あるいは若手の台頭が著しい早稲田大学が池江の進路先として有力視されていた。それが一変したのである。

「日大水泳部は故古橋広之進・元日本水連会長らを輩出した名門です。元代表でヘッドコーチも歴任した上野広治氏が監督を務めています」(関係者)

 日大選択は間違っていないようだが、池江獲得は現主流勢力の東洋、早稲田と伝統の日大の覇権争いにも発展しそうだ。

「女子レスリングの伊調馨のパワハラを巡る騒動にしても、有望選手を誰が抑えているのかの問題が根底にありました」(前出・体協詰め記者)

 日大の巻き返しは必至。相撲協会、バドミントンに次ぐお家騒動は競泳のようだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
2
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
3
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
4
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣
5
全脱ぎ披露!?「花のち晴れ」で飯豊まりえが起用された“裏事情”