政治

本性を全暴露「金正恩の愚かなる素顔」(7)意見が食い違う「見返り」要求

 北朝鮮にとっての和平とは、次の闘いのための準備です。いったん和平を口にしたからといって、今までやってきたことを全て取りやめるおめでたい国ではありません。これは米国も同様です。

──

 米韓両軍は、4月1日から約1カ月間、朝鮮半島有事を想定した定例の合同軍事演習を行った。今年の演習は、昨年に比べて期間、規模とも縮小。南北首脳会談や米朝首脳会談を控え、北朝鮮への刺激を回避する配慮がうかがえた。

──

 期間や規模の縮小は韓国の意向をくんでのことですが、その代わりに米軍は、日本の基地を使って必要な訓練を行いました。東京の横田基地でC130輸送機からのパラシュート訓練を行い、原子力空母艦載機約60機を神奈川県の厚木基地から山口県の岩国基地へ移駐させました。沖縄県うるま市の米軍ホワイトビーチには、2月以降、海兵隊員を乗せる揚陸艦の入出港が相次ぎました。米朝会談が不調に終わったあとの軍事オプションの準備であることは明らかです。

──

 米朝首脳会談に向けた両国の事前協議では、北朝鮮が、米国が求める手法による核の全面廃棄に応じる姿勢を示しているという。さらに、北朝鮮は核兵器の査察にも初めて応じ、大陸間弾道ミサイルの廃棄も行う意向だという。一方で、核廃棄に向けた期間や北朝鮮への見返りでは意見の違いが残り、協議や会談の行方によっては予断を許さない状況だ。

──

 米朝会談で金正恩が米国を満足させるほどの非核化の意思を見せなかった場合、トランプは本気で軍事オプションを取る構えを見せるはずです。それを見た金正恩が再度交渉に出てきて、譲歩の度合いを上げるのを待つ。「リビア方式」の完全実行は無理でも、北朝鮮国内の核を全て米国、少なくともIAEAの管理下に置かせる程度のところまで譲歩しなければ納得はしないでしょう。

 このまま北朝鮮の核を容認してしまえば米国の世界戦略は崩壊します。トランプがやらなければならないのは、手を緩めずに追撃し、北朝鮮に核を完全に放棄させる作業です。金正恩が非核化の具体的行動を見せるまではアメを与えるべきではありません。交渉に入るにしても引き続き経済制裁と軍事的圧力を加え続ける必要があります。文在寅政権の「金正恩救出作戦」に惑わされて時間を与えれば、米国は取り返しのつかない敗北を味わうことになるでしょう。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日