社会

寿命を縮める「危ない外食」最新版(5)“トランス死亡酸”を摂ると‥‥

 食品衛生法第4条2項によれば、添加物とは〈食品の製造過程において、または食品の加工、もしくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤、そのほかの方法によって使用するものをいう〉とあるが、小薮氏は、

「私が考える添加物は、通常そのまま食べたり飲んだりしないもので、食品を製造する時に味や色を付けるとか、保存性をよくするといった、何らかの目的があって使用する物質。ですから前提には、安全性がきちんと確保されていなければなりません。ところが、添加物の安全性はラットなどの動物で検証されているだけで、人間での安全性はまったく検証されていない。そこが一番の問題なんです」

 添加物を巡っては、これまで発ガン性があるものや、生活習慣病を引き起こす物質もあることが報じられている。

 Aさん一家の休日も終わりに近づいた。買い物もしたし、食事も楽しんだ。

「パパ、帰りにこの間、駅前にオープンしたケーキ屋さんでクッキーを買って行きましょうよ!」

 と言う妻に連れられ、ケーキ屋へ。そこで購入したのが、バターがたっぷり入ったクッキーとクロワッサン。小薮氏が解説する。

「マーガリンやショートニング、ファットスプレット(冷たい状態でもよく伸びるバター状の食品)に使用されるのが、水素添加油脂。これは菜種油など、常温の液体の油に触媒を加え、水素を吹き込むことにより、しだいに固まってできるもので、れっきとした化学合成品です。そして水素を結合させる工程で生成されるのが、トランス脂肪酸。私は『トランス死亡酸』と呼んでいますが、これを摂り続けると、人体に多大な悪影響があるんです」

 トランス脂肪酸を摂取し続けると、悪玉(LDL)コレステロールが増加し、善玉(HDL)コレステロールが減少する。結果、心筋梗塞や動脈硬化を誘発し、死に至る危険性が増すという。

「さらに、トランス脂肪酸はアトピーなど、ある種のアレルギーの原因になったり、女性の場合は不妊の原因になるとされます。ですから、マーガリンやショートニングなどを使用した食品は危険です。特にショートニングはサクサク感を出すため、いろいろな菓子類に頻繁に使用されているので、できれば口にしないことをお勧めします」

 さて、Aさんの外食生活はいかがだっただろうか。

 ランチタイムに見つけた激安ステーキは注射針を使った加工肉で、100円寿司はまがい物。さらには居酒屋で出てくるキャベツは「混ぜるな、危険!」と書かれた家庭用漂白剤と同じ効果を持つ液体で洗浄され、おいしそうなクッキーには、突然死を引き起こす「トランス死亡酸」が含有。我々はいったい何を食べたらいいのやら、と暗い気分になってくる。

 河岸氏が言う。

「一昔前、外食といえば、何か特別な日の特別な食事だったはず。そしてお店にしても、職人や調理師が修業で磨いた技、その店ならではの味を提供してくれる場所だった。ところが、それがチェーン化、セントラルキッチン化が進んだことにより、全国均一のそっけない味、魅力のない味に変化してしまった。家庭よりもおいしい料理が食べられないだけでなく、添加物だらけで安心・安全の保証がないとなれば、努力しない店は淘汰されていくだけ。結局はお客さんのことを考えている店は生き残り、自分たちの利益を最優先する店は潰れていくことになるでしょう」

 当然ながら、全部が全部、ズルくヤバイ店だというわけではない。だが、現実問題として、ズルくヤバイ店がそこかしこにあり、その店で出されたものを口にしたことで、確実に体にはマイナスになり、結果、寿命をも縮めかねない健康被害の可能性が高まる。これではたまったものではない。

 安くてうまいものを求め続けてきた消費者。その悪循環が「ズルくヤバイ店」を生み出しているという側面もあるが、やはり「安い、うまい、健康にいい」などという都合のいいものはないということだろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
松山英樹と石川遼の「逆転人生」「落差の真相」を徹底深堀り!