社会

寿命を縮める「危ない外食」最新版(5)“トランス死亡酸”を摂ると‥‥

 食品衛生法第4条2項によれば、添加物とは〈食品の製造過程において、または食品の加工、もしくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤、そのほかの方法によって使用するものをいう〉とあるが、小薮氏は、

「私が考える添加物は、通常そのまま食べたり飲んだりしないもので、食品を製造する時に味や色を付けるとか、保存性をよくするといった、何らかの目的があって使用する物質。ですから前提には、安全性がきちんと確保されていなければなりません。ところが、添加物の安全性はラットなどの動物で検証されているだけで、人間での安全性はまったく検証されていない。そこが一番の問題なんです」

 添加物を巡っては、これまで発ガン性があるものや、生活習慣病を引き起こす物質もあることが報じられている。

 Aさん一家の休日も終わりに近づいた。買い物もしたし、食事も楽しんだ。

「パパ、帰りにこの間、駅前にオープンしたケーキ屋さんでクッキーを買って行きましょうよ!」

 と言う妻に連れられ、ケーキ屋へ。そこで購入したのが、バターがたっぷり入ったクッキーとクロワッサン。小薮氏が解説する。

「マーガリンやショートニング、ファットスプレット(冷たい状態でもよく伸びるバター状の食品)に使用されるのが、水素添加油脂。これは菜種油など、常温の液体の油に触媒を加え、水素を吹き込むことにより、しだいに固まってできるもので、れっきとした化学合成品です。そして水素を結合させる工程で生成されるのが、トランス脂肪酸。私は『トランス死亡酸』と呼んでいますが、これを摂り続けると、人体に多大な悪影響があるんです」

 トランス脂肪酸を摂取し続けると、悪玉(LDL)コレステロールが増加し、善玉(HDL)コレステロールが減少する。結果、心筋梗塞や動脈硬化を誘発し、死に至る危険性が増すという。

「さらに、トランス脂肪酸はアトピーなど、ある種のアレルギーの原因になったり、女性の場合は不妊の原因になるとされます。ですから、マーガリンやショートニングなどを使用した食品は危険です。特にショートニングはサクサク感を出すため、いろいろな菓子類に頻繁に使用されているので、できれば口にしないことをお勧めします」

 さて、Aさんの外食生活はいかがだっただろうか。

 ランチタイムに見つけた激安ステーキは注射針を使った加工肉で、100円寿司はまがい物。さらには居酒屋で出てくるキャベツは「混ぜるな、危険!」と書かれた家庭用漂白剤と同じ効果を持つ液体で洗浄され、おいしそうなクッキーには、突然死を引き起こす「トランス死亡酸」が含有。我々はいったい何を食べたらいいのやら、と暗い気分になってくる。

 河岸氏が言う。

「一昔前、外食といえば、何か特別な日の特別な食事だったはず。そしてお店にしても、職人や調理師が修業で磨いた技、その店ならではの味を提供してくれる場所だった。ところが、それがチェーン化、セントラルキッチン化が進んだことにより、全国均一のそっけない味、魅力のない味に変化してしまった。家庭よりもおいしい料理が食べられないだけでなく、添加物だらけで安心・安全の保証がないとなれば、努力しない店は淘汰されていくだけ。結局はお客さんのことを考えている店は生き残り、自分たちの利益を最優先する店は潰れていくことになるでしょう」

 当然ながら、全部が全部、ズルくヤバイ店だというわけではない。だが、現実問題として、ズルくヤバイ店がそこかしこにあり、その店で出されたものを口にしたことで、確実に体にはマイナスになり、結果、寿命をも縮めかねない健康被害の可能性が高まる。これではたまったものではない。

 安くてうまいものを求め続けてきた消費者。その悪循環が「ズルくヤバイ店」を生み出しているという側面もあるが、やはり「安い、うまい、健康にいい」などという都合のいいものはないということだろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】