スポーツ

プロ野球「セ・パ交流戦」を盛り上げる「10大遺恨バトル」(3)古巣への“恩返し”を誓う日ハム・大田

 移籍を巡る因縁といえば、オリックス・増井浩俊(33)と巨人の対決にも注目したい。

 昨オフ国内FA権を行使した日本ハムの増井に対し、オリックスと巨人が獲得に動いた。オリックスの提示は「3年9億円」で、巨人はオリックスを上回る条件を提示したという。しかし、増井が選んだのはオリックスだった。

「巨人は交渉の段階でマシソンの残留が未定だったこともあり、増井を先発で使うか中継ぎにするか流動的でしたが、残留が決まってもその点は不確定のままだった。『平野佳寿に代わる抑え』と起用法が明確だったオリックスとは対照的だったうえ、結果が出なければすぐに見切りをつける球団。増井がフッたのもうなずけます」(球界関係者)

 老川祥一球団オーナーみずからが補強にハッパをかけ、マネーゲームで優位に立ちながら増井獲りに失敗したのは、巨人にとって大打撃。一方の増井は、5月24日現在、リーグトップの11セーブと大活躍。交流戦で抑え込まれるようなら、逃した魚がますます大きく見えるに違いない。

 その巨人を昨オフ戦力外になったのが、日本ハムの捕手兼任コーチ・實松一成(37)だ。巨人担当記者が舞台裏を語る。

「昨オフ当初は戦力外になっておらず、實松自身もノンキに休養していました。ところが、ドラフトで育成を含めて4人も捕手を獲得したことでいきなりクビを宣告され、本人がいちばん驚いたそうです」

 トライアウトの準備もできておらず、そのまま引退も考えたというが、日本ハムに拾われた。巨人の選手たちの間でも「あんな通告の仕方はありえない」と、同情の声がしきりだったという。

「その様子は、年末に放送されたテレビ特番『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達』でも取り上げられました。本人にしてみれば、いきなりクビにされたあげく見せ物にされて、恨み節の一つも言いたいところ。巨人投手陣の癖や攻略法は筒抜けと思っていいでしょう」(巨人担当記者)

 日本ハムにはもう一人、巨人への“恩返し”を誓う選手がいる。外野手の大田泰示(27)だ。

 08年ドラフト1位で巨人に入団。大型スラッガーとして1年目から注目されたが、好不調の波が激しく、スタメンでは起用されず。しかし昨年、トレードで日本ハムへ移籍すると、キャリアハイとなる15本塁打を放つなど長距離砲の才能が開花。今季は主に2番打者として起用され、つなぎのイメージが強い打順ながら、自慢の長打力を前面に押し出してすでに10本塁打(5月24日現在)するなど、本格化している。

「打撃だけでなく取材に答える表情もまるで変わり、何を聞いても明るくハキハキ答えるようになりました。昨年の巨人との3連戦でも10打数7安打2本塁打と活躍。今年は東京ドームでの対戦ですから、巨人は本拠地で痛烈な“恩返し”をされそうです」(スポーツライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
有吉弘行が主催する“有吉会”の会員は「番組でエコヒイキされる」!?