スポーツ

プロ野球「セ・パ交流戦」を盛り上げる「10大遺恨バトル」(3)古巣への“恩返し”を誓う日ハム・大田

 移籍を巡る因縁といえば、オリックス・増井浩俊(33)と巨人の対決にも注目したい。

 昨オフ国内FA権を行使した日本ハムの増井に対し、オリックスと巨人が獲得に動いた。オリックスの提示は「3年9億円」で、巨人はオリックスを上回る条件を提示したという。しかし、増井が選んだのはオリックスだった。

「巨人は交渉の段階でマシソンの残留が未定だったこともあり、増井を先発で使うか中継ぎにするか流動的でしたが、残留が決まってもその点は不確定のままだった。『平野佳寿に代わる抑え』と起用法が明確だったオリックスとは対照的だったうえ、結果が出なければすぐに見切りをつける球団。増井がフッたのもうなずけます」(球界関係者)

 老川祥一球団オーナーみずからが補強にハッパをかけ、マネーゲームで優位に立ちながら増井獲りに失敗したのは、巨人にとって大打撃。一方の増井は、5月24日現在、リーグトップの11セーブと大活躍。交流戦で抑え込まれるようなら、逃した魚がますます大きく見えるに違いない。

 その巨人を昨オフ戦力外になったのが、日本ハムの捕手兼任コーチ・實松一成(37)だ。巨人担当記者が舞台裏を語る。

「昨オフ当初は戦力外になっておらず、實松自身もノンキに休養していました。ところが、ドラフトで育成を含めて4人も捕手を獲得したことでいきなりクビを宣告され、本人がいちばん驚いたそうです」

 トライアウトの準備もできておらず、そのまま引退も考えたというが、日本ハムに拾われた。巨人の選手たちの間でも「あんな通告の仕方はありえない」と、同情の声がしきりだったという。

「その様子は、年末に放送されたテレビ特番『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達』でも取り上げられました。本人にしてみれば、いきなりクビにされたあげく見せ物にされて、恨み節の一つも言いたいところ。巨人投手陣の癖や攻略法は筒抜けと思っていいでしょう」(巨人担当記者)

 日本ハムにはもう一人、巨人への“恩返し”を誓う選手がいる。外野手の大田泰示(27)だ。

 08年ドラフト1位で巨人に入団。大型スラッガーとして1年目から注目されたが、好不調の波が激しく、スタメンでは起用されず。しかし昨年、トレードで日本ハムへ移籍すると、キャリアハイとなる15本塁打を放つなど長距離砲の才能が開花。今季は主に2番打者として起用され、つなぎのイメージが強い打順ながら、自慢の長打力を前面に押し出してすでに10本塁打(5月24日現在)するなど、本格化している。

「打撃だけでなく取材に答える表情もまるで変わり、何を聞いても明るくハキハキ答えるようになりました。昨年の巨人との3連戦でも10打数7安打2本塁打と活躍。今年は東京ドームでの対戦ですから、巨人は本拠地で痛烈な“恩返し”をされそうです」(スポーツライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった