スポーツ

金本監督の緊急補強案で愛弟子・大山悠輔もスタメン落ちへ

 打率1割6分台まで沈んだ大スランプ状態は脱出したものの、大山悠輔が苦しんでいる。金本知憲監督は打線全体を指してだが、「見ての通り」とボヤき、大山個人のことを聞くと、ムッとした表情を見せてから、「よくなってると思うんだけど…」と言うだけだった。

「金本監督にも責任はあると思う。大山は昨秋キャンプからずっと二塁の練習をさせられ、今春キャンプ後半、いきなり、『三塁・大山、二塁・鳥谷』の配置換えを決めました。三塁のほうが守備の負担が少ないということで、大山の打撃に期待してのコンバートでしたが、大山、鳥谷の両方が打撃不振に陥ってしまいました」(在阪記者)

 コンバート失敗は結果論としても、金本監督の大山への期待が高かったぶん、ガッカリ感も失意も大きかったようだ。

「4番を予定して獲得したロサリオをついに二軍に落としました。球団は外国人選手の緊急補強を否定していません。一塁を守れる選手を探していますが、状況次第では三塁手になるかも」(前出・在阪記者)

 つまり、いつまでもガマンして大山を使い続ける気はないというわけだ。また、こんな情報も交錯している。外国人選手の調査はロサリオの好不調に関係なく、常に行っていること。新助っ人を獲得する方向だが、それだけではチーム打率リーグワーストの打線は上向きにならないので、「もう一人、獲る」。その一人とは、現在、独立リーグで再起をはかる村田修一だと──。

 思えば、大山は即戦力投手の1位指名を推す球団上層部の進言を蹴ってまで獲得した選手。情報部を宥めたのは金本監督だ。そういった経緯を思うと、金本監督は大山を一人前に育てる義務がありそうだが…。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
まるでコント?劇場版コード・ブルー「流血シーン」続出にドン引きの声も
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!