芸能

関口メンディー、始球式133キロを上回る“怪物”始球式男の「非公式記録」

 EXILEのメンバーでダンサーの関口メンディーが6月5日、東京ドームで開催されたプロ野球交流戦の始球式に参加し、球速133キロを記録した。

 ナイジェリアと日本のハーフで、6歳から12年間にも及ぶ野球経験アリという関口は、巨人のユニフォームを身にまとい、しなやかな投球フォームからプロ顔負けの高速ストレートをお披露目。その球速が133キロと発表されると、「室伏広治(ハンマー投げ選手)さんが持つ131キロの記録を超えられたので70点です。でも140キロを出したいので、また練習して戻ってきたいですね」などとコメントしている。

「圧巻のゴリゴリボディーを誇る関口ですから、それなりの投球はするだろうというのが世間の予想でしたが、まさか133キロものスピードを記録するとは誰も思わなかったでしょう。ネット上でも『そのまま巨人に入団よろしくです』『あの身体は見かけ倒しじゃなかったんだ』『さすがにすごすぎる』との称賛が飛び交い、多くの方が元球児の関口によるパフォーマンスに驚かされたようです。野球経験者とはいえ、プロではなく、現在はダンサーですからね。とてつもない記録でしょう」(テレビ誌ライター)

 だが、始球式における“異業種”の健闘にはさらなる格上がいた。

「かつて2015年に槍投げ選手の村上幸史が記録した横浜スタジアムでの時速144キロというスピードが始球式では最速のようですね。また、非公式ではありますが、村上は本番前のブルペンでのトレーニング時にも時速147キロを記録するなど、関口を上回る怪物伝説が今も語り草となっています。室伏もそうですが、やはり上半身の、とりわけ豪腕を武器に活躍するアスリートは高速を投げられるのでしょうか」(スポーツライター)

 133キロを記録した関口も十分驚くべき豪腕であることは間違いない。次の機会では、ぜひ記録更新していただきたいものだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
3
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?