スポーツ

元日本代表・柳沢敦の「下半身」が継承できなかった“夜のジーコイズム”

 元サッカー日本代表で現在は鹿島アントラーズのコーチを務める柳沢敦が、「週刊女性」(6月19日号)で同チームの美人サポーターとの不貞が報じられ、サッカー関係者の間で激震が走っている。

「ただでさえW杯代表メンバー発表前にハリルホジッチ監督を解任した騒ぎで、サッカー人気は低迷しています。それでも選ばれたメンバーが初戦に向けて何とか盛り上げていこうとしていた矢先、水を差す結果になってしまった。サッカーファンからは冷ややかな声が上がっています」(サッカーライター)

 柳沢が現役時代に所属していた鹿島といえば、ブラジル代表として活躍したジーコが常勝軍団に育て上げ、選手たちは「ジーコイズム」を継承してきた。その“教え子”である柳沢は、ジーコが日本代表監督を率いた06年ドイツW杯で、FWで起用されたが、結果を残せずに悔しい思いをしている。

「『シュートはゴールにパスをするように』とジーコは口癖のように指導してきました。それでも愛弟子の柳沢は、クロアチア戦でゴール前の決定機を外し、ジーコイズムの教えを体現することができなかったんです」(前出・サッカーライター)

 その時は予選敗退で戦犯扱いも受けてしまったが、柳沢が継承できなかったのはシュート技術だけではなかった。

「ジーコは女遊びに厳しい人で、監督時代に代表合宿中に夜の飲食店で遊んでいた選手に対して烈火のごとく怒り、その後の代表選考で落選させています。その時、柳沢は店には行っていませんが、過去にはモデルの梨花と付き合っていた時、代表合宿中に外出禁止を破って痛い経験もしている。乱れた女性問題がサッカーに悪影響を及ぼすことは、ジーコから散々、叩き込まれて学んでいるはずなのですが…。結局、鹿島は次期監督候補として柳沢を育てるつもりでしたが、今回の不貞報道でいったん白紙になるとみられています」(前出・サッカーライター)

 下半身の反応の速さがアダとなってしまったようだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”