エンタメ

「HUNTER×HUNTER」作者、乃木坂出演の舞台稽古の鑑賞がニヤつかれるワケ!

 これも仕事の一環か、それとも単に見に行きたかっただけか?

 1998年に「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートし、休載が多いことで知られているも、去る5月24日に放送されたバラエティ番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)でも特集が組まれるなど、いまだにたくさんのファンを持つ人気漫画「HUNTER×HUNTER」。

 作者の冨樫義博氏は腰痛でイスに座ることも困難なほどということもあって、休載を挟まずの執筆は難しいとのこと。その事情を知るファンも突然の休載発表には慣れてきているが、現在も作品は休載中だ。そんな冨樫氏の最新の目撃情報が思わぬところが入ってきたことで、同作ファンの間で話題となっている。

「6月8日から公演がスタートした乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』に出演する乃木坂46の井上小百合が、ファン向けのメール配信サービスの中で、同舞台の通し稽古を同作の原作者である武内直子氏とともに冨樫氏が見に来ていたことを報告しているようです。武内氏は冨樫氏の妻ですから、妻の付き添いということで来ていたのでしょう。自分の作品も舞台化を考えているのかはわかりませんが、勉強という名目での見学でしょう」(エンタメ誌ライター)

 しかし、このことを知ったファンからは「冨樫さんは坂道グループ好き過ぎだろ」「公私混同してるな」「これぞ、究極の職権濫用だな(笑)」「乃木坂観に行ってるなら、頑張って連載再開させてくれよ」といった声も聞かれている。

「冨樫氏は『HUNTER×HUNTER』の中で、欅坂46のデビュー曲と同一名称である『サイレントマジョリティー』という登場人物が使う特殊能力を登場させたり、生駒里奈が乃木坂を卒業する際には『週刊少年ジャンプ』の巻末のコメントで生駒に激励の言葉を送ったりと、とにかく乃木坂が好きなことで知られています。そのため、ファンの間では作品の中で“最近は坂道ネタを絡めてきている”と話題になるほどです。ですから、乃木坂のメンバーで『セーラームーン』の舞台をやるという話が妻のもとに舞い込んできた時には、ゴーサインを出すように促したのは冨樫氏かもしれませんね」(前出・エンタメ誌ライター)

 仮に今後、冨樫氏の作品が舞台化した時には坂道メンバーがキャストに食い込んでくることは間違いなし?

(田村元希)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
太川陽介「路線バス陣取り合戦」、川崎麻世が2回目で外されたワケとは?
4
松井玲奈、鉄道愛熱弁も「スカートから肌着丸っと見え」疑惑でネット騒然!
5
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた