スポーツ

コロンビア幹部の「サッカー日本代表」評に日本中から失笑が集まったワケ!

 西野朗監督への電撃交代後、グループリーグの対戦相手を想定したガーナ戦、スイス戦で得点ゼロのままあっけなく連敗。その後のパラグアイ戦こそ快勝したものの、やはり「決定力不足」という評価からは逃れられない状況ではあるサムライブルー。そんな日本代表が6月19日に戦う初戦の相手は、かつて日本のクルマのCMにも出演した“イケメンストライカー”ハメス・ロドリゲスを擁するコロンビアだ。

 ただし、残念ながら、国内でさえも日本代表の勝利には、ややあきらめの声が多いように、世界的にはこの戦いはほぼ注目されていない。コロンビア国内の新聞には、グループリーグの他の2カ国、ポーランドとセネガルの分析は記事にされていても、日本への言及はゼロという極端な例も少なくないという。

「コロンビア連盟幹部のエドワルド・モレノ氏もグループ最大のライバルにポーランドをあげ、プレミアリーグのスーパーストライカー、マネのいるセネガルも同等に警戒していました。ですから、案の定、日本は眼中にないのかと思いきや、実は、予想に反した驚きの評価をしたことで、サッカーファンが集うネット上が一時、ザワついていたこともあったんです」(週刊誌スポーツ担当記者)

 そのモレノ氏の驚きの日本代表評とは「インテリジェンス。速さがあり戦術的だ」というひと言。つまり“賢くてスピードがある”というわけ。続けて「世界の主要リーグで戦っている選手が少ない」と冷静に弱点も指摘したものの、ファンは最初の言葉に過剰に反応。ところが、これが茶化しネタにされてしまっている。

〈かつてない高評価でワロタ〉〈試合を見てないことがバレバレ。見てたら速さもインテリジェンスも感じるわけがない〉〈大間違いだけに何も言えねぇ!〉〈日本にないものしか挙げてないじゃんwww〉〈むしろ完全にナメてることが判明〉〈コロンビアに気を遣わせた〉など、コメントを拾うと完全に失笑ムード。実は、コロンビアの選手の中には日本の監督がまだハリルホジッチだと思っている選手も少なくないのだとか。

 もっとも、この評価は、パラグアイ戦の直前のものであり、日本代表への世間の評価は若干上向きにはなってきているものと思われる。もとよりサッカーは人気スポーツの中でも、もっとも番狂わせが起きやすいスポーツ。コロンビアにも、ナメられたら逆にチャンスという可能性もある。「ゼロからの出発」で、奇跡を願う!

(飯野さつき)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    悩める男性を2人が全力応援!YouTube番組「オトナの保健室」がいま話題に

    Sponsored
    249165

    30代後半あたりから悩む男性が急増するというAGA(男性型脱毛症)。「数年前の自分の写真と比べて生え際が後退している」、「風呂上りにドライヤーをかけると頭皮の見え具合がハンパない」など、気付くきっかけはさまざまだが、一度気になり始めると普段…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田原俊彦が性加害現場「ジャニーズ合宿所」間取り公開と「ここがジャニーさんの部屋」禁断トーク
2
最上もがに警告「子供に危険なものを食べさせている」それはいったい何かといえば…
3
中日・清原和博“コーチ電撃就任”の現実味「立浪の独断専行を止められるはキヨだけ」
4
【戦慄の報告書】的中率はノストラダムスの数十倍!ブルガリアの予言者が遺していた「プーチンは膨大な犠牲者を出し核ボタンを押す」
5
あべ静江「交際会見のはずが金屏風の前で…」/テリー伊藤対談(3)