社会

フザけるなッ!中国人「全国ブランド物件」買い漁りMAP(2)「4億円ならすぐに払う」

 かつてはバブル経済で日本人の札束攻勢が世界を席巻したが、今や札束攻勢といえば、中国人の専売特許になりつつある。日本人投資家とは、資金力の面も含めて雲泥の差があるようだ。仲介業者スタッフはこう説明する。

「日本人の場合は購入する時に別の物件と比べたりして時間をかけて悩みますが、中国人はフトコロに余裕があって1億円以上の物件でも即断即決。物件情報が出て数分で購入を決めることもあります。一度も下見のために来日しないで買う中国人もいて、配下の従業員が内覧に行き、テレビ電話で部屋の様子はこんな感じですと見せるだけ。契約書は郵送して書いてもらって契約成立です」

 中国人投資家が不動産購入の際に考慮しているのは、利回りの確保もさることながら、賃貸に出した場合、居住者が転居してもすぐに新規の入居者の手配ができるようなシステムになっているかどうかだという。そこさえクリアすれば部屋の間取りなどに特にこだわりはなく、不動産業者にとっては実にありがたい上客と言えよう。

「安定した利回りを優先する中国人に人気の都内の町は、飯田橋、九段、御茶の水、後楽園、駿河台、立石、堀切あたり。不動産バブルが起きている北京や上海で購入するよりも半値以下のマンションが多く、契約件数は都内で上位に入っています」(仲介業者スタッフ)

 日本の不動産情報を得るため、中国人投資家はSNSの「ウェイボー」や「ウィチャット」をフル活用。かつてのIT後進国といったイメージは完全に過去のものとなっている。仲介業者スタッフが続ける。

「中国は口コミの文化なので、そこでやり取りする情報は信頼度が高いとされています。即時性もあるのでSNS上で知り合った渋谷に住んでいる中国人に、どんな町なのかをリサーチ。それで背中を押されて物件購入を決めた投資家もいます」

 もはや投資対象も実に多種多彩。あれもこれも欲しがる強欲な中国人は、ここ数年で都内のホテルや民泊用マンションも積極的に物色しているほど。

「最近でも、『4億円なら現金ですぐに払うから、都内に小さい規模のホテルある?』と問い合わせがありました。日本人の発想だと、ホテルを買ったらどうやって集客するのかを考えます。でも、中国人ならホテルを手に入れる前から、自分で中国から観光客を呼べるので集客の心配はしていません。実際、日本人客は来なくていいから、中国人客だけに特化したホテルも出始めています」(仲介業者スタッフ)

 日本の不動産市場はチャイナマネーの攻勢の前に、手も足も出ない状況に陥っていた。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!