社会

フザけるなッ!中国人「全国ブランド物件」買い漁りMAP(2)「4億円ならすぐに払う」

 かつてはバブル経済で日本人の札束攻勢が世界を席巻したが、今や札束攻勢といえば、中国人の専売特許になりつつある。日本人投資家とは、資金力の面も含めて雲泥の差があるようだ。仲介業者スタッフはこう説明する。

「日本人の場合は購入する時に別の物件と比べたりして時間をかけて悩みますが、中国人はフトコロに余裕があって1億円以上の物件でも即断即決。物件情報が出て数分で購入を決めることもあります。一度も下見のために来日しないで買う中国人もいて、配下の従業員が内覧に行き、テレビ電話で部屋の様子はこんな感じですと見せるだけ。契約書は郵送して書いてもらって契約成立です」

 中国人投資家が不動産購入の際に考慮しているのは、利回りの確保もさることながら、賃貸に出した場合、居住者が転居してもすぐに新規の入居者の手配ができるようなシステムになっているかどうかだという。そこさえクリアすれば部屋の間取りなどに特にこだわりはなく、不動産業者にとっては実にありがたい上客と言えよう。

「安定した利回りを優先する中国人に人気の都内の町は、飯田橋、九段、御茶の水、後楽園、駿河台、立石、堀切あたり。不動産バブルが起きている北京や上海で購入するよりも半値以下のマンションが多く、契約件数は都内で上位に入っています」(仲介業者スタッフ)

 日本の不動産情報を得るため、中国人投資家はSNSの「ウェイボー」や「ウィチャット」をフル活用。かつてのIT後進国といったイメージは完全に過去のものとなっている。仲介業者スタッフが続ける。

「中国は口コミの文化なので、そこでやり取りする情報は信頼度が高いとされています。即時性もあるのでSNS上で知り合った渋谷に住んでいる中国人に、どんな町なのかをリサーチ。それで背中を押されて物件購入を決めた投資家もいます」

 もはや投資対象も実に多種多彩。あれもこれも欲しがる強欲な中国人は、ここ数年で都内のホテルや民泊用マンションも積極的に物色しているほど。

「最近でも、『4億円なら現金ですぐに払うから、都内に小さい規模のホテルある?』と問い合わせがありました。日本人の発想だと、ホテルを買ったらどうやって集客するのかを考えます。でも、中国人ならホテルを手に入れる前から、自分で中国から観光客を呼べるので集客の心配はしていません。実際、日本人客は来なくていいから、中国人客だけに特化したホテルも出始めています」(仲介業者スタッフ)

 日本の不動産市場はチャイナマネーの攻勢の前に、手も足も出ない状況に陥っていた。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?
4
田中みな実が小泉孝太郎と「政略結婚」工作
5
新井恵理那の「彼氏と宅飲み」写真/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(3)