芸能

坂口杏里、“踊り子舞台”降板騒動が「モメそうな顔」と公開罵倒された!

 6月19日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に初出演した幻冬舎編集者・箕輪厚介氏。ホリエモンこと堀江貴文、研究者や実業家として知られる落合陽一らの著書を何度も編集し、数多くのベストセラーを生み出したことで敏腕編集者と呼ばれている。

 この日は「ホリエモンは、本は自分で1文字も書かないんで」「語り下ろしも最近はやってない。(堀江の著書)『多動力』は30万部くらい売れましたけど、ボクがカフェでほとんど書きましたからね。毎月ホリエモンの本が出版されるなんてありえないじゃないですか」などと発言。ホリエモンでなく箕輪氏が本を書いているとはどういうことかと問われると、「ホリエモンがSNSやこの番組なんかでしゃべった言葉を単純に1個のタイトルで整理し直すということですね。それで需要あるんだと思いますよ」「ホリエモンのエッジの効いた発言を1つのテーマで串刺しにすると。それを1500円で、1時間で、読めればまあいいじゃないかっていう話ですね」と説明。

 また、6月16日から浅草ロック座で衣服を脱いでの踊り子としてデビュー公演をする予定だったANRIこと坂口杏里が、会場側から出演を見送られたことに「時間、労力全部返してほしい」「できるまで教えてほしかった」とインスタグラムで主張し、会場側から「舞台に立つクオリティに達していなかった。誠意や熱意が感じられなかった」と反論された一連の騒動に対し、箕輪氏は「ANRIさんてモメる顔してますよね。モメそうな顔」「作家とかでもわかるんですけど、完全にトラブルになるよねっていうのがわかります」とバッサリ。ネット上をザワつかせている。

「箕輪氏の語り口は、確かに、多くの人が感じていたモヤモヤしたものを晴らしてくれたように聞こえましたね。それが正しいと思うか思わないかは個人の自由でしょうが…」(女性誌記者)

 懐の深いことで知られる浅草ロック座と対立してしまった坂口杏里を心配する声もあるが、愛娘が「モメそうな顔」だなんて言われたら、母親である故・坂口良子も、草葉の陰で悲しんでいることだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明