芸能

坂口杏里、“踊り子舞台”降板騒動が「モメそうな顔」と公開罵倒された!

 6月19日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に初出演した幻冬舎編集者・箕輪厚介氏。ホリエモンこと堀江貴文、研究者や実業家として知られる落合陽一らの著書を何度も編集し、数多くのベストセラーを生み出したことで敏腕編集者と呼ばれている。

 この日は「ホリエモンは、本は自分で1文字も書かないんで」「語り下ろしも最近はやってない。(堀江の著書)『多動力』は30万部くらい売れましたけど、ボクがカフェでほとんど書きましたからね。毎月ホリエモンの本が出版されるなんてありえないじゃないですか」などと発言。ホリエモンでなく箕輪氏が本を書いているとはどういうことかと問われると、「ホリエモンがSNSやこの番組なんかでしゃべった言葉を単純に1個のタイトルで整理し直すということですね。それで需要あるんだと思いますよ」「ホリエモンのエッジの効いた発言を1つのテーマで串刺しにすると。それを1500円で、1時間で、読めればまあいいじゃないかっていう話ですね」と説明。

 また、6月16日から浅草ロック座で衣服を脱いでの踊り子としてデビュー公演をする予定だったANRIこと坂口杏里が、会場側から出演を見送られたことに「時間、労力全部返してほしい」「できるまで教えてほしかった」とインスタグラムで主張し、会場側から「舞台に立つクオリティに達していなかった。誠意や熱意が感じられなかった」と反論された一連の騒動に対し、箕輪氏は「ANRIさんてモメる顔してますよね。モメそうな顔」「作家とかでもわかるんですけど、完全にトラブルになるよねっていうのがわかります」とバッサリ。ネット上をザワつかせている。

「箕輪氏の語り口は、確かに、多くの人が感じていたモヤモヤしたものを晴らしてくれたように聞こえましたね。それが正しいと思うか思わないかは個人の自由でしょうが…」(女性誌記者)

 懐の深いことで知られる浅草ロック座と対立してしまった坂口杏里を心配する声もあるが、愛娘が「モメそうな顔」だなんて言われたら、母親である故・坂口良子も、草葉の陰で悲しんでいることだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!