スポーツ

巨人・高橋由伸監督「丸投げ采配」更迭で「中畑」を画策(2)無理やり就任させた負い目

 中畑氏にとって、残された究極の夢は古巣ジャイアンツの監督就任だ。巨人OB会副会長も務め、古巣への愛情は人一倍強い。

「長嶋茂雄終身名誉監督(82)も推していて、『いつの日か、キヨシに監督をやらせたいんだ』というのは昔からの口癖です。それだけに、由伸監督が結果を出せない流れを受けて、中畑氏もやる気になっています」(古参の球団関係者)

 実は球団内でも中畑巨人待望論は「少数派」ではなかった。「かつて低迷していたベイスターズで、若手育成の道筋を作った手腕は侮れない。何よりも、派手な言動でメディアを引き付けてくれれば、多くのファンも付いてくるはず」と、肯定的に分析する声は絶えない。

「A氏はこうした球団内の声も汲み上げたうえで、中畑氏の担ぎ上げを画策している。ちなみに山口社長もA氏の指摘には『的確で、かつ的を射ている』と、全幅の信頼を置いていると言われます」(古参の球団関係者)

 逆風にさらされる由伸監督だが、そもそも指揮官をやりたくて就任したわけではない。原辰徳前監督の後任がなかなか決まらずに悩んでいた球団上層部が15年オフ、翌シーズンも現役でプレーするつもりでいたところを説得して、半ば強引に「引退⇒監督」の流れを承諾させたのである。由伸監督に「やる気がない」ような姿勢が見え隠れするのも、ある意味、しかたがないことなのかもしれない。

「渡邉主筆が由伸を監督に据え置こうとしているのは、無理やり引退させてしまった過去の負い目があるからです。それで再びクビを切ったら、由伸はもちろん、ファンから猛反発を受けることを警戒している。主筆は球団経営に関わって誰よりも長いからこそ、ファンを敵に回した時の怖さを知っているんです」(読売関係者)

 なんとか由伸監督を続投させたい渡邉氏ら数少ない由伸擁護派にとって、実に3年ぶりとなる巨人の今季リーグV奪回は、是が非でも実現させなければならない“最低ライン”だろう。ところが、今季もチーム内には悲しいかな、監督問題だけでなく随所で頭の痛い難題が浮上しているのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!