スポーツ

「本田圭佑は“時間稼ぎ”すべきだった」とのイタリア人監督の批判は筋違い!?

 西野朗監督率いるサッカー日本代表は7月3日、ロシアW杯決勝トーナメント1回戦のベルギー戦に臨むも、終盤の猛攻を防ぎ切れず、2-3と惜敗した。この一戦で日本は後半開始7分までの間に2ゴールを奪うなど、快調なゲーム展開を見せていたが、後半24分と29分に立て続けに失点すると、最後はロスタイムの本田圭佑によるコーナーキックが敵のカウンター攻撃を間接的に誘発。そのまま華麗なる逆転弾を献上してしまう結果になってしまった。

「この本田のコーナーキックに対して怒りをぶちまけたのが、かつてローマやユヴェントス、レアル・マドリードなどを指揮した経験を持つイタリア人監督のファビオ・カペッロ氏です。伊『Mediaset』が放送するスポーツ番組に出演したカペッロ氏は本田のコーナーキックに関して、『私が日本代表の監督なら彼の首根っこをつかんでキレてるだろうね。延長戦まで間近というタイミングでのコーナーキックにおいて、本田のキックはそのままクルトワ(ベルギーGK)にキャッチされ、カウンターの起点となったんだ。彼はボールをキープし、審判の笛を待つべきだったね』とコメントしました」(スポーツライター)

 つまり、カペッロ氏はあの場面を日本中で物議を醸した“時間稼ぎ”戦術によって乗り切るべきだったと考えているのだ。確かに、延長戦へと突入すれば4人目の選手交代が可能となり、よりフレッシュな選手を投入できるメリットもあるが、一方で良質なコーナーキックを上げれば、日本がゴールを決める可能性もあっただろう。

 ネット上でも「この試合で誰かを責める気にはなれない」といったコメントが多くを占めている。今は健闘を披露したサムライブルーの勇者たちを讃えるべき時なのかもしれない。が、今回は予選敗退したイタリアとはいえ、サッカー大国の識者の言葉には一定の説得力があるのだ。

(ジェイコヴ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
野呂佳代 石橋貴明も大激賞した「小籠包事件」(2)有吉の罵声で体を張るように
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)