スポーツ

TBSが失笑シュート連発!ロシア×スペイン戦中継が猛批判された3つの理由

「ただただ不快」「うるさすぎた」「主役はお前じゃない!」

 視聴者からそんなブーイングが巻き起こってしまったのが、7月1日23時からTBS系列で生中継された、サッカー・ロシアW杯の決勝トーナメント「スペイン対ロシア」戦。試合はスペインが前半早々に相手オウンゴールで先制、ロシアがスペインDFのハンドの反則によるペナルティキックで同点に。その後は7割以上の時間でボールをポゼッションするスペインに対し、ロシアが懸命のディフェンスで応戦。延長戦でも決着がつかず、PK戦へ突入。ここでスペインが2人失敗し、開催国のロシアがまさかの番狂わせを演出。7万人以上集まったサポーターの地鳴りのような歓声とともに、勝利の美酒に酔いしれた。

 この熱戦に、実況もヒートアップしたのか、スペインのスター軍団がロシアの守備力に手こずるシーンの連続に気持ちが入りすぎたのか、実況アナの口からはある残念すぎる言葉が洪水のように連呼されてしまった…。

「TBSのスポーツ中継は、今回のサッカーに限らず、野球やボクシングでも『うるさい』『一方の肩を持ちすぎる』『感情優先』などと批判されがちです。この日、視聴者が失笑ブーイングした理由もいくつかあります。1つは相変わらずのうるささ。ちょっとしたチャンスが来るとまるで大チャンスのように絶叫するのですが、サッカーに詳しい視聴者は『叫ぶほどか』とテレビに向かって何度もつぶやいてしまったそうです。そして、ロシアの堅いディフェンスに対し、やたらと『城壁』『要塞』を連呼したことがブーイングの最大理由のようですね。日本人にとってはロシアという国にはそこまで堅い城壁のイメージがまったくありませんから、視聴者も『実況が自分に酔いすぎ』『一生分の城壁を聞いた』と吹き出してしまったわけです」(週刊誌記者)

 確かにこの2点だけでもかなり残念。加えて、視聴者が気になった3つめに「名言を探しすぎ」という空気をやたらと感じてしまったことが大きいのだとか。

「試合は流れていくものですが、実況アナがナイスなことを言おうと言葉を探している間に、もう次のプレーに移っていることが多々ありました。これでは『主役はお前じゃない』とツッコまれても仕方ないですね。試合後半に夕立のような強い雨が降ってきたのですが、ここでも『これほどの雨もこの会場の熱さを冷ませないでしょう』と“名言”を放っていましたが無理やり感が漂ってましたね(笑)」(前出・週刊誌記者)

 盛り上げようと頑張った結果とはいえ、せっかくの大熱戦を“シュート狙いすぎ”で興ざめさせてしまっては本末転倒か?

(飯野さつき)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
3
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?
4
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
5
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!