スポーツ

三浦桃香が激怒した「偽サイン売買」と「お宝争奪」バトル(1)本人はショックな胸の内をツィッターで吐露

 女子ゴルフ界の美人ルーキーとしてグリーンを彩る三浦桃香(19)。前半戦17試合を終え、「第1回リランキング」で20位と9月末までの優先出場権を確保した。これでほぼ毎試合で自慢の豪快なティーショットが見られるが、その舞台裏では彼女を失望させる心ない出来事が起きていた。

 愛くるしい笑顔と魅惑のボディに加え、パワフルなスイングで人気の三浦。GWに開催されたメジャー第1戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」では、初日に首位に躍り出た。スポーツ紙記者が振り返る。

「2日目は大会史上最多となる1万2597人の大観衆が詰めかけました。これは今季ツアーでも最多の記録で、ギャラリーの目的は間違いなくアイドル系ルーキーの三浦。同じ組には元賞金女王のイ・ボミ(29)と国内屈指の飛ばし屋の渡邉彩香(24)がいましたが、それを凌ぐほどの声援が飛びました。プレー後のサイン会なんて、ファンが三浦のもとに一気に駆け寄ったものです」

 三浦のファンへの丁寧な対応も、大ブレイクの秘密の一つで、

「ツアープロの中では、韓国のアン・シネ(27)と三浦が双璧でしょう。毎回、サイン会は50人以上が列をなし、100人ぐらいに対応することもありますよ。時にはラウンド後にサインしてから翌日のために練習グラウンドに行き、また戻ってきてサインに応じることさえあります」(スポーツ紙記者)

 それだけに「偽サイン売買」は三浦本人にとって相当ショックだったに違いない。騒動発覚のきっかけは、6月24日付の三浦のツイートだった。

《オークションなどに私の偽物のサインが売られています。サインを転売することも悪いけど、それはもっと悪いと思ってます。気をつけてください》

 文面こそ穏やかだが、はたしてその心中は‥‥。

「怒りを超え、悲しかったでしょうね。いつもサインに積極的に応じていましたからね。試合中でも、アン・シネと桃香はカメラマンに目線を送るほどのサービスぶりで、常にファンに気配りしていましたから」(スポーツ紙記者)

 オークションサイトを見ると、LPGA(日本女子プロゴルフ協会)の公式色紙に書かれたサインやサイン入り大会記念ボールが、いずれも1万円で出品されていた。三浦の人気を裏付けるように、他の選手に比べて取引価格は高額だ。

「たぶんその2つは転売で、桃香ちゃんが指摘している偽物のサインは、漢字で書かれたアマ時代のものだと思いますよ。ただ、今後はサイン入りの缶バッジ自体が複製されたり、ボールやグローブ、Tシャツなどの偽サイン入りのグッズが出回る可能性は高い」(スポーツ紙記者)

 このまま無分別な売買が横行し続ければ、三浦のプレーにも影響しかねない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!