スポーツ

日本から点を取ったベルギーに「ありがとう」!?韓国公営放送が暴走中継

 ロシアW杯決勝トーナメント1回戦の日本代表vsベルギー代表の一戦を中継した韓国公共放送の解説者に対し、“著しく中立性を欠く”として母国でも大きな非難が浴びせられている。

 日本は7月3日、強豪ベルギーを相手に後半に立て続けに2点を奪う荒技をやってのけ、ベスト8進出の可能性がチラついたものの、最後には怒涛のカウンター攻撃からトドメを刺され、2-3という惜敗に終わっていた。

 アジアサッカー界の二大盟主としてしのぎを削り合ってきた日韓のライバル関係はもはや周知の通りではあるが、この熱戦を韓国内で放送していた韓国公営放送“KBS”のハン・ジュンヒ解説員によるアツすぎるコメントは大きな波紋を呼ぶことに。彼は、ベルギーのナセル・シャドリが日本の希望を打ち砕く3点目を決めた瞬間に、「シャドリよ! ありがとう! 君のピッチ投入には当初疑問を感じていたが、私が間違っていたよ。感謝の意を表して謝罪します」と発言。日本の敗北を望んでいるかのような解説となり、日本だけでなく、韓国内からもクレームが続出している。

「日本が試合に負けて韓国のネットユーザーが大盛り上がりする、という流れは散見される現象ではありますが、さすがに公共放送の解説者がこれをやってしまったということで、韓国のネット上でも『もっと中立性を保って伝えるべき』との声が相次ぎました。韓国代表は惜しくも今回のW杯ではグループステージ敗退という結果に終わっていたことも、このような偏向解説を生んでしまう要因となってしまったのかもしれませんが…」(スポーツライター)

 韓国の“中央日報”や“国民日報”といったメディアは今回の解説者による暴走を失態として報じているものの、一部ファンから件のハン・ジュンヒによる解説を賞賛する声が上がっているのも事実だという。やはり今後も、「日韓のライバル関係」は継続していくことになりそうだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
3
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗
4
テレビから消えた“あの女子アナ”を追え<日本テレビ>奔放すぎた葉山エレーヌはアナウンス室追放
5
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線