スポーツ

まるで修学旅行生?W杯ドイツ代表の敗退は“プレステが原因”だって

 ロシアW杯でよもやのグループステージ敗退に終わったサッカードイツ代表だが、その原因は“夜通しのゲーム三昧”だったとして物議を醸している。

 4年前のブラジル大会で圧巻のパフォーマンスを見せつけ、決勝ではリオネル・メッシを擁するアルゼンチン代表を破っての優勝を成し遂げていたドイツ代表。今大会もトニ・クロースやトーマス・ミュラー、メスト・エジルといったスーパースターを招集し、豪華なメンツで大会に臨むも、初戦のメキシコ戦でまさかの敗北を喫し、1勝2敗でグループFの最下位という失態でロシアを後にしていた。

「興味深いのは、ドイツの大手日刊紙である“Bild”が報じたゲーム漬けの実態です。同紙によれば、ロシアの合宿先で一部選手らが日本のゲーム機であるプレイステーションのソフトで朝まで遊びまくっていたとのことで、事態を重く見たドイツサッカー協会側が滞在先のネット環境を遮断したこともあったというんです。まるで修学旅行の学生と教師のようなやり取りですが、4年に1度の大舞台を控えるアスリートが本当に徹夜でゲームをしていたとすれば、勝てるはずの試合も勝てなくなるのは当然でしょう」(スポーツライター)

 遠征先や滞在先ホテルで、選手たちがテレビゲームに没頭するという話は過去にも多くあるが、さすがに早朝までのゲーム三昧でネットを遮断されるというのは異例の事態だろう。遠くロシアの地まで応援に駆けつけ、自国の連覇を夢見ていたサポーターはこの報道をどのような心境で聞いているのだろうか…?

(ジェイコヴ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人