スポーツ

ラモス瑠偉、一部で浮上していた「日本代表監督就任」説の“根拠”

 7月10日、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、ロシアW杯を指揮した西野朗監督の後任候補について、噂に上がっていた元ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏の就任を否定し、さらに西野朗の続投説も「100%ない」と言及。ほぼ同時に、2020年東京五輪の監督であり、ロシア大会で日本代表コーチを務めた森保一氏に就任の意思確認を行ったことも明らかになり、7月26日の理事会で決まる見通しとなっている。

 が、実は、ここまでの道のりの中で、一部サッカーファンが“ウルトラC”案の採用を恐れていたという。

「先日、日本代表監督就任への意思を問われたラモス瑠偉は、『人事は協会側に託すしかないものの、(自分にも)チャンスがあれば』と前向きな姿勢を示していたんです。彼はかねてより日本代表チームへの並々ならぬ愛を語ってきましたが、監督としては思うような戦績をあげることはできていません。その原因として糾弾されるのが“スポ根ドラマ”ばりの精神論です。細かな戦術論よりもパッションや気合いを重視するポリシーが“見ててシンドイ”“今のサッカーに合わない”という旨の指摘があります。今回の“チャンスがあれば”とのコメントについてもネット上では、『大事なのは気持ちよ、としか説明してくれなさそう』『戦術=頑張る』『ラモスは独創的なプレイヤーだったが、指導者としては厳しい』との声が出ていました」(スポーツライター)

「ラモスジャパン」の誕生については、やはり、可能性は最初からなかったようだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
やはり大きくなってる!ローラのバストが“超絶進化”していたッ
5
関ジャニ∞村上信五の五輪キャスター就任に「ゴリ押しが過ぎる!」の声