スポーツ

ラモス瑠偉、一部で浮上していた「日本代表監督就任」説の“根拠”

 7月10日、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、ロシアW杯を指揮した西野朗監督の後任候補について、噂に上がっていた元ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏の就任を否定し、さらに西野朗の続投説も「100%ない」と言及。ほぼ同時に、2020年東京五輪の監督であり、ロシア大会で日本代表コーチを務めた森保一氏に就任の意思確認を行ったことも明らかになり、7月26日の理事会で決まる見通しとなっている。

 が、実は、ここまでの道のりの中で、一部サッカーファンが“ウルトラC”案の採用を恐れていたという。

「先日、日本代表監督就任への意思を問われたラモス瑠偉は、『人事は協会側に託すしかないものの、(自分にも)チャンスがあれば』と前向きな姿勢を示していたんです。彼はかねてより日本代表チームへの並々ならぬ愛を語ってきましたが、監督としては思うような戦績をあげることはできていません。その原因として糾弾されるのが“スポ根ドラマ”ばりの精神論です。細かな戦術論よりもパッションや気合いを重視するポリシーが“見ててシンドイ”“今のサッカーに合わない”という旨の指摘があります。今回の“チャンスがあれば”とのコメントについてもネット上では、『大事なのは気持ちよ、としか説明してくれなさそう』『戦術=頑張る』『ラモスは独創的なプレイヤーだったが、指導者としては厳しい』との声が出ていました」(スポーツライター)

「ラモスジャパン」の誕生については、やはり、可能性は最初からなかったようだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」