スポーツ

9回裏2死走者ナシから9点差返した「夏の全国高校野球」伝説の大逆転劇!

 野球はサッカーやラグビーといった時間制のスポーツではない。そのため、どんなに大差で負けていても、最後の1アウトを取られない以上は“逆転”の可能性が残されている。とはいえ、今年で100回の歴史を数える高校野球においてでも、いわゆる9回2死からの大逆転劇は非常にまれである。それでも過去に地方予選で勝利をあきらめなかったチームが、こんな奇跡を起こしていた。

 2002年第84回夏の選手権の大分県予選。2回戦の緒方工と中津北の一戦でそのドラマは起きた。試合は天候不良の中行われ、2回裏に中津北が1点を先取すると3回表に緒方工がすかさず同点に。緒方工は5回表に1点、6回表に3点を追加すると、その裏に中津北も3点を返すという展開で序盤から点の取り合いとなった。そして7回表に緒方工が2点、その裏に中津北が1点を返し、8回を終了した時点で7‐5と緒方工が2点をリードしていた。

 その間も、天候はますます悪くなっていく。そして迎えた9回表、緒方工の攻撃。この回雨が一層激しくなったこともあり、中津北の投手の制球が乱れ、一挙に7失点してしまった。これで5‐14。中津北にとっては絶望的な9点差がついてしまったのである。

 そしてその裏の中津北、最後の攻撃もあっさりと2アウト。もはやこれまでかと思われたが、この土砂降りの雨は緒方工の投手にとっても同条件だった。手の滑りからか、ストライクが入らなくなったのだ。するとこの土壇場から中津北は四球絡みで2死満塁のチャンスを作ると、まずはタイムリーヒットで2点を返す。さらに5連続の四球で4得点。ここで次打者は四球を選びに行かず、打って出たのだが、これが裏目に出て当たりは不運にもショートゴロ。中津北の粘りもここまでで、ついにゲームセットかと思われた次の瞬間だった。何と緒方工のショートがこれを捕れず、エラーでさらに1点が中津北に入ったのである。これで12‐14。この段階で射程距離の2点差にまで迫った中津北の勢いは止まらない。最後は左中間を破る、満塁の走者を一掃する3点タイムリー二塁打が飛び出し、一挙10点。9回裏2アウトランナーなしからの9点差をひっくり返すというミラクル大逆転劇がこうして完成したのである。どんな状況でも決してあきらめなければ奇跡は起こる。そのお手本のような試合であった。

 あれから16年。この試合に匹敵するような奇跡の大逆転劇を今夏、果たして見ることが出来るのだろうか。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
クロちゃんのアイドルプロデュース企画に「最高すぎる!」ファン大絶賛のワケ