芸能

起死回生狙い?アンゴラ村長の「胸見せアピール」についた異名がキツすぎる!

「迷走が止まらない」と、ネット民からも賛否両論?

 昨年の大ブレイクから一転、女性誌でも「嫌いな女性芸人」にぶっちぎりで1位に選ばれるなど、あきらかにゴシップネタばかりがクローズアップされるようになった、お笑いコンビ「にゃんこスター」のアンゴラ村長。

 そんな彼女が7月19日、自身のツイッターを「グラビアオファーお待ちしてます」というコメントとともに更新すると、同時に投稿された“本当に大きいのか寄せてるだけなのか判断のつきづらい”かなり微妙な胸の渓谷を強調したショットが話題になった。

「どうやら、BS朝日に番組企画で撮影されたもののようですが、かなり上から撮影して、胸の渓谷はたしかにバッチリですが、グラビア編集者いわく『横に広い系の胸をかなり無理やり寄せているのでは?』とのこと。とはいえ、男性ネット民にはインパクトがあったようで、即座にたくさんのコメントが投稿されていて、絶賛に混じり、彼女の迷走ぶりをヤユする声も少なくないのですが、特に多く見受けられるのが『ちょうどいい』という言葉。でもコレ、胸の大きさのことかと思ったら、どうやら違うようですね」(女性誌ライター)

 ネットに投稿された「ちょうどいい」という言葉。じつは「ちょうどいいブス」のことだとか。上目遣いのショットは一部で「鈴木おさむとソックリ」とまで書かれて、ネット上が爆笑に包まれているという。

「たとえば、最近ブレイクしている男女芸人コンビ『相席スタート』の女性、山崎ケイが“ちょうどいいブス女芸人”として人気を集めていますが、それと同じ意味ですよね。ただし、アンゴラ村長の場合は自分で“イケてる”と思っている可能性が高く、よけいに茶化されるのかもしれません」(前出・女性誌ライター)

 ネット上のコメントを追っていくと、今回の渓谷ショットで賛同の多かった通称は「工業系ブス」。何でも、工業高校にいる数少ない女子のルックスの雰囲気というものだそうだ。かなりハラスメント気味の形容だけに賛同しづらいけれど、多くの男性が納得している様子。もしも、この評価にアンゴラ村長がムッとしたのなら、グラビアで汚名返上するのも本気でありかも?

(山田ここ/写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆裂バスト女芸人・薄幸、自称Eカップは間違い!?“真実はGカップ”の「根拠」
2
阿部華也子、「めざまし」でファンの評論会も起きる“上品バスト”の膨らみ
3
日テレ笹崎里菜“木綿肌着”見えた!?ファンもヒヤヒヤよつんばい“ヒップトレ”
4
酒以外にも?橋本環奈、「麻雀激ハマり」報道で懸念される“オッサン体質”!
5
「急逝」竹内結子さん、出演映画を巡る“謎の連鎖”を原作者が呟いていた