芸能

起死回生狙い?アンゴラ村長の「胸見せアピール」についた異名がキツすぎる!

「迷走が止まらない」と、ネット民からも賛否両論?

 昨年の大ブレイクから一転、女性誌でも「嫌いな女性芸人」にぶっちぎりで1位に選ばれるなど、あきらかにゴシップネタばかりがクローズアップされるようになった、お笑いコンビ「にゃんこスター」のアンゴラ村長。

 そんな彼女が7月19日、自身のツイッターを「グラビアオファーお待ちしてます」というコメントとともに更新すると、同時に投稿された“本当に大きいのか寄せてるだけなのか判断のつきづらい”かなり微妙な胸の渓谷を強調したショットが話題になった。

「どうやら、BS朝日に番組企画で撮影されたもののようですが、かなり上から撮影して、胸の渓谷はたしかにバッチリですが、グラビア編集者いわく『横に広い系の胸をかなり無理やり寄せているのでは?』とのこと。とはいえ、男性ネット民にはインパクトがあったようで、即座にたくさんのコメントが投稿されていて、絶賛に混じり、彼女の迷走ぶりをヤユする声も少なくないのですが、特に多く見受けられるのが『ちょうどいい』という言葉。でもコレ、胸の大きさのことかと思ったら、どうやら違うようですね」(女性誌ライター)

 ネットに投稿された「ちょうどいい」という言葉。じつは「ちょうどいいブス」のことだとか。上目遣いのショットは一部で「鈴木おさむとソックリ」とまで書かれて、ネット上が爆笑に包まれているという。

「たとえば、最近ブレイクしている男女芸人コンビ『相席スタート』の女性、山崎ケイが“ちょうどいいブス女芸人”として人気を集めていますが、それと同じ意味ですよね。ただし、アンゴラ村長の場合は自分で“イケてる”と思っている可能性が高く、よけいに茶化されるのかもしれません」(前出・女性誌ライター)

 ネット上のコメントを追っていくと、今回の渓谷ショットで賛同の多かった通称は「工業系ブス」。何でも、工業高校にいる数少ない女子のルックスの雰囲気というものだそうだ。かなりハラスメント気味の形容だけに賛同しづらいけれど、多くの男性が納得している様子。もしも、この評価にアンゴラ村長がムッとしたのなら、グラビアで汚名返上するのも本気でありかも?

(山田ここ/写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々