芸能

起死回生狙い?アンゴラ村長の「胸見せアピール」についた異名がキツすぎる!

「迷走が止まらない」と、ネット民からも賛否両論?

 昨年の大ブレイクから一転、女性誌でも「嫌いな女性芸人」にぶっちぎりで1位に選ばれるなど、あきらかにゴシップネタばかりがクローズアップされるようになった、お笑いコンビ「にゃんこスター」のアンゴラ村長。

 そんな彼女が7月19日、自身のツイッターを「グラビアオファーお待ちしてます」というコメントとともに更新すると、同時に投稿された“本当に大きいのか寄せてるだけなのか判断のつきづらい”かなり微妙な胸の渓谷を強調したショットが話題になった。

「どうやら、BS朝日に番組企画で撮影されたもののようですが、かなり上から撮影して、胸の渓谷はたしかにバッチリですが、グラビア編集者いわく『横に広い系の胸をかなり無理やり寄せているのでは?』とのこと。とはいえ、男性ネット民にはインパクトがあったようで、即座にたくさんのコメントが投稿されていて、絶賛に混じり、彼女の迷走ぶりをヤユする声も少なくないのですが、特に多く見受けられるのが『ちょうどいい』という言葉。でもコレ、胸の大きさのことかと思ったら、どうやら違うようですね」(女性誌ライター)

 ネットに投稿された「ちょうどいい」という言葉。じつは「ちょうどいいブス」のことだとか。上目遣いのショットは一部で「鈴木おさむとソックリ」とまで書かれて、ネット上が爆笑に包まれているという。

「たとえば、最近ブレイクしている男女芸人コンビ『相席スタート』の女性、山崎ケイが“ちょうどいいブス女芸人”として人気を集めていますが、それと同じ意味ですよね。ただし、アンゴラ村長の場合は自分で“イケてる”と思っている可能性が高く、よけいに茶化されるのかもしれません」(前出・女性誌ライター)

 ネット上のコメントを追っていくと、今回の渓谷ショットで賛同の多かった通称は「工業系ブス」。何でも、工業高校にいる数少ない女子のルックスの雰囲気というものだそうだ。かなりハラスメント気味の形容だけに賛同しづらいけれど、多くの男性が納得している様子。もしも、この評価にアンゴラ村長がムッとしたのなら、グラビアで汚名返上するのも本気でありかも?

(山田ここ/写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
4
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!
5
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”