スポーツ

“リランキング制度”で一発逆転!女子ゴルフ「下剋上」ラウンド(1)恩恵の1番手は新垣比菜

 熱戦が続く女子ゴルフツアーに、今季から導入された「リランキング制度」。前半戦を終え第1回目の発表を受けて、シード権組のトップ50以外の順列がシャッフルされた。大きなジャンプアップや急降下など、まさに“下剋上”。暑い夏を境に、シード権を巡る争いが激しさを増している。

 リランキング制度によって、レギュラーツアーの見どころが増えた。ゴルフジャーナリストの宮崎紘一氏が解説する。

「簡単に言えば、ツアー戦の優先出場権の見直しです。昨季の予選会(最終QT)で失敗し、少ない試合数(年間の推薦枠出場が8試合)の中で来季のシード権を目指す選手にとっては、一発逆転を狙える制度で、見ている側にも緊張感が伝わり、醍醐味あふれる戦いが続いています」

 恩恵の1番手は“黄金世代”の代表格、新垣比菜(19)だった。第1回リランキングが6月24日の「アース・モンダミンカップ」(今季17戦目)の最終日終了後に発表され、QTランク45位からリランキング2位にまでジャンプアップ。後半戦はフル出場できる。

「まず、史上最年少の小6でツアーデビューを飾り、『宮里藍2世』とも呼ばれた新垣がQTで45位に甘んじたこと自体が、まさかの出来事でした。そもそも女子ツアーの試合は100人ほどで戦う。その内訳はシード権組の50人、そこに主催者推薦が10人ほどで、残りがQTランキングの上位者でした。つまりQTで40位ぐらいの順位にいないと、年間の試合数が激減してしまい、翌年のシード権獲得には、一気に優勝するしかないほどの狭き門となる。そのため、最終予選会は『もう二度と出たくない』というほどの緊張感の中で行われ、新垣のように失敗してしまうケースも生まれる」(スポーツ紙記者)

 新垣自身、「シーズン前はリランキングのことばかりを気にしていた」と話していたほどだ。

 他にも、QT50位からリランキング13位に上がった原江里菜(30)が、「たくさん推薦をいただけてありがたかった。いつ出場できるかわからない状況でスケジュールを組むのが難しかった」と振り返れば、諸見里しのぶ(32)は、「シーズン前からしっかりと準備ができて、(シーズン中も)いい集中力で戦えた」と、ベテランらしくルール変更を上手に生かしてランクアップに成功した。

 まさに華麗なリカバリーの激戦が、ツアー前半戦を盛り上げたのだ。とはいえ、このリランキングによる優先出場権の見直しは、「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」(9月21日~23日)の終了時点で、第2回目が行われる。

「逆に前半戦でランクダウンした面々が巻き返しに躍起となるし、彼女たちの目標はあくまでもシード権の獲得だけに、後半戦はまさに美女による追い落とし合戦が展開されそうです」(スポーツ紙デスク)

 トップ50のボーダーラインの年間賞金額は年々アップし続け、昨季は2239万円だった。

「原(江)や諸見里ばかりか、昨季、シード落ちの屈辱を味わい、復権を目標に掲げるスレンダー美女の松森彩夏(24)も、リランキング30位だけに、うかうかしていられない。同じテーラーメイド軍団の永峰咲希(23)が4月にツアー初優勝を飾り、妹の松森杏佳(22)はすでに900万円以上も稼いでいることもあり、なおさら燃えるでしょう」(スポーツ紙デスク)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!