芸能

ビートたけしの名言集「浅草のネイマール、川崎のイルカちゃん」

「サッカーな、面白いんだけどよ、あのPK欲しさに、ぶつかってもねーのに『うわ~、やられたぁ~』ってアピールするのなんとかなんねーか? スローモーションで見たら全然当たってねーのに、ギャーギャーやるだろ。それで審判が取り合わないと『あっ、ダメですか? はい、わかりました』って何事もなかったように元気に走り出すだろ? あれなきゃ、もっと面白れーのにな」

 フランスの優勝で幕を閉じた、今回のサッカーワールドカップ。決勝トーナメントが始まってからというもの、殿は連日深夜の放送をライブで見ては翌日、何かと感想を伝えてきたのです。で、一番多かった感想が、冒頭の「嘘っぱちアピール問題」についてでした。ただ苦情だけで終わらないのが殿です。この時も、

「あーいうヤツ、よく浅草にいたよ。すれ違いざま、ちょっと肩が触れただけで、『あ~! やられた~。お~いてて、こりゃ骨折してるな。おい、いくらかよこせ』っていうオヤジ。うん、いたよ。浅草のネイマール」

 と、このたびのワールドカップで、とりわけ嘘っぱちアピールが目立った、ブラジルのストライカー・ネイマールの名前をさっそく取りこみ、爆笑をかっさらっていました。しかし、「浅草のネイマール」とは、実にコミカルで響きのいい、人に言いたくなる名称です。

 ちなみに殿はこの“どこどこの○○○”といった例えが好きで、以前、

「お前、知ってる? 川崎のイルカちゃん」

 と、いきなり切り出し説明してくれたことがありました。なんでも、川崎のソープランドに勤めるその子は、お客さんと一緒に泡風呂に入ると、息の続く限り、潜っては体の至るところを舐め、潜っては舐めを繰り返す特技があって、まるでイルカのように水の中で自由に動きまわり、息継ぎのため顔を出す時は、毎回どこから顔を出してくるのか予測が立たなかったそうです。そんな妙技を体感した殿はいたく感心し、「うん、さすがプロ。川崎のイルカちゃん」と名付けたとか。

 で、浅草のネイマールでどっとウケたこの日の殿はさらに、「あれだよ。昔よ、島根町(殿の生まれた町、足立区島根)のガンジーってのもいたな」と、説明を聞く前からすでに面白いとわかる、絶妙な名前を出してきたのです。

 なんでも、殿が子供の頃、いつも上半身裸でゴザの上に座り、小銭を恵んでもらうのを仕事とするホームレスがいて、子供たちがそのオヤジをバカにして小石を投げたり、棒でつついたりと、何かとからかったそうです。が、

「だけどよ、何やっても反撃してこないんだよ。ただただ無抵抗で、ニタ~って笑ってんだよ。これが有名な島根町のガンジーだよ」

 と、殿は実にうれしそうに説明を締めくくると、ややあってから、

「おい、忘れちゃうからよ、今の話、ちょっとメモっといてくれな」

 と指示を出し、この日のサッカー話を切り上げたのでした。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
2
胸の膨らみが気になる?乃木坂46生田絵梨花、「全力TT兄弟」動画も絶賛の嵐
3
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
4
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
5
二階堂ふみ&亀梨和也「ストロベリーナイト」で心配される“あの過去”とは?