芸能

岡村隆史、「私生活ではサービス精神ゼロ」芸人と生放送で暴露された夜!

 K-POPアーティストのBIGBANGのメンバーのV.I(ヴィ・アイ)が7月19日放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)にゲスト出演。番組パーソナリティーを務めるナイナイの岡村隆史がプライベートでまったくしゃべらず、自分がボケてもツッコミをいっさいしない「サービス精神ゼロ芸人」だと暴露した。

「V.Iは来年、日本デビューして10周年です。日本語ペラペラでダウンタウンや明石家さんまの番組に出演して、ボケとツッコミを実地に研究してきたと言うだけあって、お笑いにも詳しい。だから、3年前に友人から、韓国に旅行に来た岡村を紹介された時には、大喜びで駆けつけたほどです。ところが岡村は、いついかなる時でもサービス精神旺盛でしゃべりまくるさんまとは大違い。岡村は、ナマ岡村を見て大興奮して日本語でしゃべりまくるV.Iに対して、ひたすら笑うだけだったそうなんです」(芸能ライター)

 番組でV.Iは目の前の岡村を見て「岡村さんがしゃべってるのがすごい不思議なんですよ」と言った後に、「ボクがしゃべってるのを聞いて笑うだけ。ツッコミいっさいないし、ビックリしました」と、プライベートでは岡村が豹変していたことを指摘した。

 それに対し、岡村は「仕事の時は、こうやってスイッチ入るけど、プライベート、ホンマ、スイッチ切ってまうもん」と説明。サムギョプサルを出す飲食店で食事をした初対面の時に、岡村も「気づいてたよ。あんま(V.Iにとっては)オモロないんやろうなって。でも、それしょうがない。わかってほしい」と訴えた。

 一方のV.Iは「ボク、ナイナイの大ファンだし、絶対一緒にいるとおもしろいし、楽しいんだろうなって。岡村さんがボクを楽しませてくれるだろう」と期待していただけに、真逆の態度に面食らったという。岡村は、「それはもう謝るしかない」と、平謝りだったが、「韓国では、V.Iさんのホームやから、V.Iさんに任せる、と。日本に来た時にはボクがV.Iさんをおもてなしする」と、反論した。

 ところが、実際は「日本でのプライベートの時も、いっさいしゃべってなかった」とV.Iは暴露。岡村の“意図的な口ベタ”をヤリ玉にあげた。岡村は「あの時ね、ちょっとお店間違えてん。ちょっと薄暗すぎたから、落ち着いた感じになってもうて」と笑ってごまかしたのだった。生放送で暴露された岡村、言い訳にも、キレがなく、もはや逃れようもなかったようで…。

(塩勢知央/写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来