スポーツ

エンゼルスよりも大谷翔平の復活を願うNPBの営業ウラ事情!

 エンゼルスの大谷翔平が故障していた右肘の再検査を受け、投手としての練習再開の許可を得た。シーズン終盤には「二刀流の完全復活」が見られそうだが、NPBでは「もっと詳しい情報を!」と、慌てふためいていた。もう、日本球界の選手ではないのに…。

「11月に4年ぶりの日米野球が開催されます。大谷がMLBチームに入って凱旋帰国できるのかどうか、チケットの売上げにも大きく影響しています」(球界関係者)

 侍ジャパン対二刀流、田中将大、前田健太、ダルビッシュ有などの日本人メジャーリーガーもいるが、確かに「新鮮味」で言えば、大谷が一番だろう。

「悲観的な見方が支配的です。エンゼルスは日本球界の収益よりも大谷の右肘のほうが大切です。入団前にも右肘を治療していますし、オフに大がかりな治療を予定しているのかもしれません」(特派記者)

 先の再検査だが、投球練習の再開に関する許可は出たものの、「回復に向かっている」と曖昧な言い方だった。「痛みそのものはまだ消えていない」といった情報も交錯しているだけに、侍ジャパンとの対決は見送られそうだ。そうなると、田中、マエケンらのうち、誰か一人でも確保しておきたいところだが、彼らはそろって今季の成績が良くない。まして、「大谷の代役で客寄せを」となれば、カチンと来るだろう。

 大谷の早期復活をいちばん強く願っているのは、実はエンゼルスのソーシア監督ではなく、NPBの営業マンのようだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
2
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
二階堂ふみ&亀梨和也「ストロベリーナイト」で心配される“あの過去”とは?
5
あの日にシテる?アンゴラ村長が夜の営みを明かし始めた裏事情