スポーツ

エンゼルスよりも大谷翔平の復活を願うNPBの営業ウラ事情!

 エンゼルスの大谷翔平が故障していた右肘の再検査を受け、投手としての練習再開の許可を得た。シーズン終盤には「二刀流の完全復活」が見られそうだが、NPBでは「もっと詳しい情報を!」と、慌てふためいていた。もう、日本球界の選手ではないのに…。

「11月に4年ぶりの日米野球が開催されます。大谷がMLBチームに入って凱旋帰国できるのかどうか、チケットの売上げにも大きく影響しています」(球界関係者)

 侍ジャパン対二刀流、田中将大、前田健太、ダルビッシュ有などの日本人メジャーリーガーもいるが、確かに「新鮮味」で言えば、大谷が一番だろう。

「悲観的な見方が支配的です。エンゼルスは日本球界の収益よりも大谷の右肘のほうが大切です。入団前にも右肘を治療していますし、オフに大がかりな治療を予定しているのかもしれません」(特派記者)

 先の再検査だが、投球練習の再開に関する許可は出たものの、「回復に向かっている」と曖昧な言い方だった。「痛みそのものはまだ消えていない」といった情報も交錯しているだけに、侍ジャパンとの対決は見送られそうだ。そうなると、田中、マエケンらのうち、誰か一人でも確保しておきたいところだが、彼らはそろって今季の成績が良くない。まして、「大谷の代役で客寄せを」となれば、カチンと来るだろう。

 大谷の早期復活をいちばん強く願っているのは、実はエンゼルスのソーシア監督ではなく、NPBの営業マンのようだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
3
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
4
緊急通報!森昌子の「薬物中毒」入院大騒動で始まった「離婚劇」の場外乱闘/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス