NPB

スポーツ

防ぎたかったら1球場につき8億円払え!?誤審問題が球界再編に発展の可能性

本塁打の誤審問題に対し、NPBの斉藤淳コミッショナーが「受理しない」と発表した(7月27日)。“被害者”であるオリックスが「再試合要請」は却下されたわけだが、NPBは誤審防止の的確な防止策を示していない。「オリックスの言い分は、誤審を認めた…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

エンゼルスよりも大谷翔平の復活を願うNPBの営業ウラ事情!

エンゼルスの大谷翔平が故障していた右肘の再検査を受け、投手としての練習再開の許可を得た。シーズン終盤には「二刀流の完全復活」が見られそうだが、NPBでは「もっと詳しい情報を!」と、慌てふためいていた。もう、日本球界の選手ではないのに…。「1…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

野球のワールドカップは外務省「危険レベル1通達」で日本は不参加か?

野球のワールドカップは、日本代表の大健闘とはいかないようだ。「第2回WBSCU-23ベースボールワールドカップ」が10月19日に開幕する。WBCの侍ジャパン同様、稲葉篤紀監督が指揮を執ることになっているが、状況次第では、日本は「全て不戦敗」…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

星野仙一氏は近代で唯一「3球団」優勝達成!記録で見る「優勝請負監督」たち

80年以上の歴史を持つプロ野球において、複数の球団を優勝に導いた「優勝請負監督」と呼べる人物は少ない。藤本定義(巨人=1936年秋、’37春、’38秋~’42、阪神=’62、’64)、三原脩(巨人=’49、西鉄=’54、’56~’58、大洋…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

巨人を再震撼させた原元監督への「1億円恐喝男」を独占直撃(1)Kからの球団への恐喝内容とは?

「球界にとってコトを荒立てない解決があればいい」──。巨人の元職員のもとに、そんな不気味な警告が届いたという。電話の主はなんと、原前監督にいまいましい記憶を残した因縁の相手だった。暴力団排除に全力を尽くす球界をあざ笑うかのように、時代を逆行…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

掛布雅之 全米野球で感じたNPBとMLBの差(2)

今回の日米野球でも侍ジャパンのメンバーは、メジャーの選手たちのパワフルなスイングを肌で感じたはずです。打率3割4分1厘でア・リーグの首位打者に輝いたホセ・アルトゥーベ(アストロズ)も、身長166センチとは思えないパワフルなスイングをしていま…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

掛布雅之 全米野球で感じたNPBとMLBの差(1)

8年ぶりの日米野球は4勝2敗(沖縄での親善試合も含む)で侍ジャパンが勝ち越しました。MLB代表はメンバー的に小粒でしたが、WBC公認球で勝ったことに意義があると思います。これまでの日米野球は、守備側に合わせて2種類のボールを使っていましたか…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

楽天・星野監督が猛烈批判したNPBの丸投げ体質

「4月20日の対中日戦(東京ドーム)で伏兵の巨人・橋本到がバックスクリーンに本塁打を打ちましたが、プロ野球が開幕してから早1カ月、その間にこんなシーンを何度見たことか。『明らかに今年のボールは昨年より飛ぶ』というのが現場の記者たちの見解でし…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |