芸能

揺れ揺れ伝説を作った「アイドル」たちに会いたい(2)<お騒がせ篇>あの「三角愛スキャンダル」桜庭あつこは?

 悩ましい腰つきで、巨大なバストがさらに際立つ。そして、妖艶なあまり「トラブル」も招いてしまった悲運のグラドルは今!

「実は、第三子を妊娠したばかりでして。どうぞ、そっとしておいていただけましたら」

 そう告げたのは、一時、ワイドショーの主役となった桜庭あつこ(42)だ。ダイナマイトボディの象徴としてグラビアで人気を博したが、それ以上に知名度を上げたのが、99年の「三角愛スキャンダル」だった。

 羽賀研二&梅宮アンナの熱愛カップルに割って入る形で、さらにはヘア写真集も発売。あまりのタイミングに「売名ヌード」とバッシングされる。

 桜庭は地元の福島に戻ってスポーツジムの受付でバイト。東日本大震災では自宅半壊の被災をしたが、翌12年に結婚。同時に芸能界を引退した。

 冒頭の言葉は週刊アサヒ芸能の取材に答えたものだが、当面は子育てで大忙しのようである。

 三田佳子次男の高橋祐也が、自宅地下室で「覚醒剤乱交パーティー」を開いていたことが発覚したのは00年のこと。関与していたとして名前が挙がったのが、人気グラドルの吉田里深(38)だ。吉田は、高橋のように覚醒剤逮捕こそなかったものの、大きくイメージダウン。

 その後、吉田は引退と復帰を繰り返し、ヘアヌードも発表。ただし、自慢の巨乳は隠して下半身だけ露出という不自然な形だった。週刊アサヒ芸能にも2年前にグラビアで登場したが、その直後に再び芸能界から姿を消している。

 逆に、多くのグラドルを巻き込む張本人となったのが松金ようこ(36)だ。デビュー当時、95センチHカップの魔乳は「グラビア界最大!」と大評判に。

 一転したのは12年に起きた「ペニーオークション詐欺事件」である。松金はグラビア仲間のほしのあきや熊田曜子に、アルバイトとしてブログに虚偽の内容を書くよう依頼。ほしのは30万円で指示された文章を書き、警察の事情聴取を受ける事態に発展した。

〈私がほしのさんに勧めました。ほしのさんは悪くない。私の軽率な行動でご迷惑をおかけして申し訳ない〉

 松金はブログでのみ謝罪し、以来、表舞台から姿を消した。巻き添えを食ったほしのも、三浦皇成騎手と結婚したこともあるが、芸能活動と距離を置いたままである。

 ほしのと同じ事務所の後輩だった小阪由佳(33)=現在は有花=は、デビューと同時に「ミスマガジン2004」のグランプリを獲得するなど、グラビア界きっての美体を誇った。ところが、繊細な性格が芸能界になじめず、09年に引退。

 その翌年、ライブハウスでのイベントに現れた小阪は、70キロを超える激太り姿で観客を騒然とさせる。さらに、グラビア界の闇を次々とネット上で暴露。

 激しいバッシングを浴びたことで小阪は改心。20キロ以上のダイエットを敢行し、現在は千葉県内で保育園を経営、手腕を発揮している。

「開園から半年で月極めの20人の枠が全て埋まりました。私も週に4日は保育園に行って、子供たちと接しています」

 3年前に週刊アサヒ芸能の直撃にそう答えているが、ようやく自分の居場所を見つけた笑顔が印象的だった。

 童顔で色白の肌と、したたる肉づきが人気だった滝沢乃南(32)は、形容しがたい引退劇に追い込まれた。15年12月に発売したDVD「ありがとね」に、「下半身まる出しの男性カメラマンが映り込んでいる!」とファンが騒いだのだ。

 作品自体が1泊2日のプライベート旅行の設定で、危険な関係性がプンプンに漂っていた。

〈このようなことが絶対あってはならないのに、私1人のせいでグラビアに対するイメージを損なってしまったこと。裏切ってしまったことを深く反省します〉

 16年7月、ブログにこうつづった滝沢は、同時に「本日をもって滝沢乃南を引退します」とも宣言。

 実は、このカメラマンこそ、滝沢が11年に結婚したお相手だった。そして滝沢は現在、ツイッターでのみ近況を細々と伝えている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由
5
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱