芸能

ノーバンならずも喝采! 石原さとみ、恒例始球式サービスまでのオンナの葛藤

 毎年ファンの期待に応えるその精神はすばらしい!

 石原さとみが7月30日に東京ドームで開催されたプロ野球OB戦「サントリー ドリームマッチ2018」の始球式に登場。今年も新投球フォームでギャラリーを沸かせた。石原がこの始球式に参加するのは今年で5年目を数えており、2014年は左投げ、15年はマサカリ投法、16年はトルネード投法、そして昨年はサブマリン投法と、毎回違った投球フォームを披露して話題を集めている。

 そして今年は、現役時代を横浜DeNAベイスターズで過ごし、現在は同球団のスペシャルアドバイザーを務める「ハマの番長」こと三浦大輔元投手が現役時代に見せていた二段モーションの投球フォームを再現。惜しくもノーバン投球とはならなかったものの、指導をした三浦元投手も満足するクオリティーの二段モーションを見せ、投球後には三浦元投手とガッチリ握手を交わしていた。

 また、石原は三浦元投手のリーゼントヘアを意識したヘアスタイルも披露するファンサービスを見せてくれた。毎度ファンの期待を裏切らない石原の投球に対して世間からは「ノーバンじゃなかったのは残念だけど、キレイなフォームでしたよ」「ファンのために練習してきたのがわかるから応援できる」「毎年毎年お疲れ様です。来年も期待しています」など、絶賛する声が上がっている。

「今年は5年目の投球式ということもあって、一通りの投球フォームはやり尽くしてしまい、今回はどの投球フォームを採用するか、なかなか決まらなかったようです。そのため、アンケートをとって、1位だったという投球フォームに決定したそうです。ファンの期待に毎年応えないといけないというプレッシャーも大きい中、しっかり練習してイベントを盛り上げる石原のプロ根性は素晴らしいと思います」(エンタメ誌ライター)

 だんだんと選択肢は少なくなってきているが、はたして来年はどんなフォームを見せてくれるのか注目だ。

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
3
平祐奈、ドレスショットで見せた胸の縦スジが「Fカップ渓谷か?」で大注目!
4
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
5
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪