スポーツ

浅田真央&浅田舞、「ボッ・キュ・ボンなボディ」姉妹ショットが艶すぎる!

「真央ちゃんがいつの間にかナイスバディになっている!」

 そんな驚きの声が上がったのは、プロフィギュアスケーターの浅田真央が7月29日にインスタグラムで公開した1枚の写真。姉の浅田舞と2人で写っているショットだ。

 真央はブルーのロングスカートに黒のTシャツ。舞は黒のロングスカートに白のノースリーブシャツ。2人ともラフなスタイルだ。そしてナイスバディがひときわ目立つ衣装とも言える。

「舞は推定Gカップの豊かな胸の持ち主で、アスリートらしい引き締まったボディであることがよく知られています。この写真を見てもそれがよくわかりますね。ところが、何と真央ちゃんもボッキュボンの素晴らしいカラダであることがわかるんですよ。ウエストがキュッとくびれていますし、胸も姉に負けないぐらい大きいんです」(週刊誌記者)

 真央は現役時代は推定Bカップとされていたが、競技の第一線を退いてから少しずつ成長。今年6月に新CMの発表会に出席したときは取材したカメラマンから「Dカップ、もしくはEカップはあるように見えた」という報告もされている。

「何しろ姉の舞があの体つきですから、真央がナイスバディになっても何らおかしくはない。今回の写真を見ると、体つきが似てきたように思えます。やはり姉妹ですね」(前出・週刊誌記者)

 今年春にロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカルであるTakaとのスパデートが報じられた浅田舞。そのボディに近づきつつある浅田真央がロマンスを報じられる日が近いのかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒