スポーツ

「夏の甲子園」歴史上唯一“敗者復活戦”から優勝した高校があった!

 現在、春夏の高校野球全国大会は甲子園球場で行われているが、1915年と翌16年に行われた第1回、第2回大会は大阪府にある豊中球場がその舞台だった。だが、次第に高まる野球熱もあって人気が拡大。豊中球場では大観衆の輸送がままならないということで、’17年の第3回大会から会場を兵庫県西宮市の浜辺にあった鳴尾競馬場へと移すことになる。この鳴尾競馬場の中に野球場が2面あり、これを使うことになったのだ。同時に現在のような入場行進を含む開会式のセレモニーもこの大会から始まった。スタンドも増設されて2万人収容となり、阪神電鉄もピストン輸送を繰り返して大阪、神戸からのファンを運んだのである。

 このように画期的な変貌を遂げた大会で優勝を飾ったのが愛知一中(現・旭丘)だった。現在は愛知県が誇る公立の進学校だが、かつての同校は夏の選手権にこの17年から29年までの間に8回もの出場を果たした県内きっての野球強豪校だった。さらに付け加えると、この時の愛知一中は、これまでの春夏の甲子園大会の歴史において唯一“敗者復活”から勝ち残って優勝したチームでもあるのだ。

 敗者復活制度はこの年と前年の第2回大会で採用されていた。というのも当時の参加校数ではうまくトーナメント表に収まらなかったため、それをしのぐ措置として採用されていたのである。この第3回大会では初戦敗退した6校の中から4校が抽選で敗者復活を行い、初戦で長野師範(現在の信州大学教育学部)に4‐3で敗れた同校が和歌山中(現・桐蔭)を1‐0で下して2回戦へと進出。そこから明星商(現・明星=大阪)に2‐1、杵築中(現・大社=島根)にも3‐2で競り勝ち、決勝戦まで勝ち進んでしまった。

 そして迎えた決勝戦は関西学院中(現・関西学院=兵庫)と対戦。試合は6回表に関学が1点を先取し、その裏あと1アウト取れば試合が成立する場面を迎えたのだが、何とここで突然の豪雨に見舞われ、そのまま降雨中止。翌日に再戦となってしまった。

 その再戦も接戦となった。試合は関学が押し気味に進んだが、一方の愛知一中も一度は死んだ身、しかも前日の試合もあと1人で負けというところを猛烈な夕立で救われ、完全に開き直っていた。結局、0‐0で迎えた延長14回表に決勝点となる1点を挙げ、そのまま1‐0で逃げ切ったのである。5試合すべてが1点差。しかも合計で10点しか取っていないチームの優勝ということになった。

 さて、最後に敗者復活戦のその後である。この愛知一中の優勝でさすがに「1回負けたのに優勝するのはおかしい」という異論が続出し、この大会限りで廃止となっている。ちなみに何の偶然か、愛知一中の主将は大会前のミーティングで「敗者復活で勝ち上がってきても、決勝を勝ったら優勝か」と主催者側に確認していたという。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”