芸能

綾瀬はるか「義母と娘のブルース」が“あの高視聴率ドラマ”と似ているワケ

 9月4日に放送された綾瀬はるか主演のテレビドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)第8話の視聴率が、15.5%だったことがわかった。同ドラマは、回を重ねるごとに視聴率を上げている。

「『ぎぼむす』は前週、スポーツの祭典『アジア大会ジャカルタ2018』で休止され、2週間ぶりの放送となったこと、さらに今週は各地に大きな被害をもたらした台風の情報を知るために、裏の『報道ステーション』(テレビ朝日系)に視聴率を奪われるのではないかと懸念されていたのですが、フタを開けてみれば前回から0.4ポイントアップさせ、自己最高をマーク。そのため、このドラマの人気は本物といえるでしょう」(テレビ誌記者)

 最終回に向けて、さらに視聴率を伸ばしていきそうな「ぎぼむす」。そんな中、8月30日発売の「女性セブン」が、同ドラマと共通点を持つ過去の有名テレビドラマについて報じている。

「『女性セブン』によると、デフォルメされたキャラクターで惹きつけ、セリフやストーリーでしっかりと見せるという手法が、11年に放送され、視聴率40%以上を記録した松嶋菜々子主演『家政婦のミタ』(日本テレビ系)と似ていると指摘しています。確かに『ぎぼむす』の脚本家・森下佳子氏といえば、東大を卒業してシナリオセンターに通っていた時期、『ミタ』の脚本家・遊川和彦氏に見出されて、彼が企画プロデュースしていたドラマ『平成夫婦茶碗~ドケチの花道~』(日本テレビ系)でデビュー。また過去のインタビューでは、遊川氏のことを『家庭教師みたいなものです』『現役の脚本家だけに指示が具体的で勉強になります』と語っているため、彼から直にテクニックを学んだのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 今では朝ドラや大河ドラマも手がけるほどの売れっ子となった森下氏。この愛弟子の活躍に、遊川氏も喜んでいるに違いない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
2
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?
3
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
4
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
5
華村あすか、平成最後の仮面ライダー女優が夏の爽やか水着で魅了!