芸能

10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(3)フジ・宮司愛海に落日の兆候?

 古参の日本テレビ関係者が明かす。

「90年代前半の女子アナブームの際、日テレでは永井美奈子、米森麻美、薮本雅子の人気アナ3人で『DORA』というアイドルグループを結成したのですが、本物のアイドル出身の市來アナが入社したことで、局内では『新DORA』を結成するアイデアも急浮上しているんです。40代のプロデューサーが書いた『新DORA』の企画書によれば、メンバーは市來アナのほか、水卜アナと男性人気の高い笹崎里菜アナ(26)で、中でも新人の市來アナがセンターを張るという企画です。もっともアナウンス部の女帝である井田由美アナから『アナウンサーの仕事じゃありません!』と一喝されてしまい、頓挫しかかっているとの話も聞きました」

 フジテレビでは、宮司愛海アナ(27)が出演し深夜枠から3年間続いた『さまぁ~ずの神ギ問』の終了が発表されたばかり。これまで次のエースと目されていた宮司アナの栄華も、ここにきて落日の兆候すらあるという。フジ関係者が語る。

「『神ギ問』は宮司アナが入社直後に担当し、ブレイクした番組。今後、単発の特番としての放送が予定されているものの、番組終了により宮司アナの立場が揺らぐのは確実でしょう。今、局内では『報道のできる女子アナ』の層が薄いこともあって『宮司アナを報道路線にシフトする』という案が浮上しています。そうなれば『フジの救世主』と鳴り物入りで入社したものの、まだ力を発揮できていない久慈暁子アナ(24)がいよいよバラエティーで重用されることになるでしょう」

 10月の改編による女子アナの動向について、女子アナ評論家の春山マサハル氏が解説する。

「注目しているのは『スーパーJチャンネル』でMCに就任したテレビ朝日の林美沙希アナ(28)。彼女は異常なまでの麻雀好きを公言するなど、女子アナ界でも屈指の個性派キャラ。今まで影が薄い印象がありましたが、一気にブレイクするかもしれません」

 さらに「改編でフリー転身のきっかけも生じる」と春山氏が続ける。

「女子アナ随一の美貌を持ちながらも面倒くさい性格から、飼い殺し状態のTBS・宇垣美里アナ(27)はこの改編でも大きな変化はなく、いよいよフリー転身を決意するタイミングにさしかかったとみるべきでしょうね」

 民放各局の世代交代の荒波が押し寄せる10月改編。悲喜こもごもの行く末やいかに──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
4
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
5
真美子夫人がやり玉に!大谷翔平レッドカーペット「日本人の褒め方」が明らかにオカシイ