芸能

10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(3)フジ・宮司愛海に落日の兆候?

 古参の日本テレビ関係者が明かす。

「90年代前半の女子アナブームの際、日テレでは永井美奈子、米森麻美、薮本雅子の人気アナ3人で『DORA』というアイドルグループを結成したのですが、本物のアイドル出身の市來アナが入社したことで、局内では『新DORA』を結成するアイデアも急浮上しているんです。40代のプロデューサーが書いた『新DORA』の企画書によれば、メンバーは市來アナのほか、水卜アナと男性人気の高い笹崎里菜アナ(26)で、中でも新人の市來アナがセンターを張るという企画です。もっともアナウンス部の女帝である井田由美アナから『アナウンサーの仕事じゃありません!』と一喝されてしまい、頓挫しかかっているとの話も聞きました」

 フジテレビでは、宮司愛海アナ(27)が出演し深夜枠から3年間続いた『さまぁ~ずの神ギ問』の終了が発表されたばかり。これまで次のエースと目されていた宮司アナの栄華も、ここにきて落日の兆候すらあるという。フジ関係者が語る。

「『神ギ問』は宮司アナが入社直後に担当し、ブレイクした番組。今後、単発の特番としての放送が予定されているものの、番組終了により宮司アナの立場が揺らぐのは確実でしょう。今、局内では『報道のできる女子アナ』の層が薄いこともあって『宮司アナを報道路線にシフトする』という案が浮上しています。そうなれば『フジの救世主』と鳴り物入りで入社したものの、まだ力を発揮できていない久慈暁子アナ(24)がいよいよバラエティーで重用されることになるでしょう」

 10月の改編による女子アナの動向について、女子アナ評論家の春山マサハル氏が解説する。

「注目しているのは『スーパーJチャンネル』でMCに就任したテレビ朝日の林美沙希アナ(28)。彼女は異常なまでの麻雀好きを公言するなど、女子アナ界でも屈指の個性派キャラ。今まで影が薄い印象がありましたが、一気にブレイクするかもしれません」

 さらに「改編でフリー転身のきっかけも生じる」と春山氏が続ける。

「女子アナ随一の美貌を持ちながらも面倒くさい性格から、飼い殺し状態のTBS・宇垣美里アナ(27)はこの改編でも大きな変化はなく、いよいよフリー転身を決意するタイミングにさしかかったとみるべきでしょうね」

 民放各局の世代交代の荒波が押し寄せる10月改編。悲喜こもごもの行く末やいかに──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”