芸能

策略と裏切りの「ジャニーズ戦国絵巻」(3)「山口元メンバーは福島正則」

 今年に入って、極彩色に彩られた「ジャニーズ戦国絵巻」に、数々の不祥事が汚点として残されることとなった。

 TOKIOの元メンバー・山口達也(46)は未成年との不祥事で退所し、NEWSの小山慶一郎(34)らは未成年女性に飲酒を強要したことで活動自粛。NHK大河「西郷どん」に出演中の関ジャニ∞・錦戸亮(33)は既婚女性との「不貞愛」をスッパ抜かれるなど、枚挙にいとまがない。

「山口は、戦国武将でも特に酒癖の悪かった福島正則を彷彿させますね。黒田長政からの使者・母里友信(もりとものぶ)を無理やり飲み比べに誘い、(主君である)秀吉から贈られた日本三名槍の一つ“日本号”を賭けて負けてしまうなど、酒での失敗談だらけです」(桐畑氏)

 未成年でも酒が飲めて、正妻とは別に側室を持つのが当たり前だった戦国時代。山口メンバーら狼藉タレントは生まれる時代を間違えたのかもしれない。

 かようにジャニーズのタレントのタガが外れたのは、やはり16年のSMAP解散騒動以降だという。

「長年SMAPのマネージャーを務めたI女史が事務所を追放され、メリー&ジュリー派とジャニー派、I女史派が“三すくみ”だった絶妙のバランスが崩れました。以降、実質的な現場トップであるジュリー氏が一人で全タレントを見ることになった。当然、目の届かないところも出てくるわけです。まさに、あそこが分水嶺でした」(事務所関係者)

 ともなれば、まさにあの騒動は天下分け目、「関ヶ原の解散」とでも呼ぶべき事態だったのだろう。

「その場合、I女史が西軍を率いた石田三成、最後まで共に戦った香取慎吾さん(41)や草なぎ剛さん(44)たちが、真田昌幸・幸村父子や大谷吉継でしょうか。土壇場で東軍に寝返った小早川秀秋が中居正広さん(46)で、木村拓哉さん(45)が、うーん‥‥家康の重臣・本多忠勝の実娘・小松姫と結婚し、東軍につくことになった真田信之とか(笑)」(美甘子氏)

 妻・工藤静香(48)の意向もあってI女史を裏切り、事務所残留を決めたキムタクと信之がピタリ符合するのだ。

「僕はI女史についた香取さんや草なぎさんが、まったく芸能界でポジションを失っていないのが気になります。歴史上、一度負けたり、引っ込んだりした人物が返り咲くことってよくあるんです。家康が幕府で最後に重用したのも、一度は敵対し出奔した家臣の本多正信でした。I女史も、再び返り咲いて主流派になることがないとは言えませんよ」(桐畑氏)

 一大帝国ジャニーズの覇権を巡る戦国絵巻は果てしなく続きそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!