芸能

吉村崇、“ヤバめ素人をさばききった”レポートに視聴者から「見直した」の声

 本人もビックリするほど、評価が急上昇したようだ。

 平成ノブシコブシの吉村崇が10月3日に放送されたバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に出演。芸人としての力量が試されるドッキリ企画で見せた「対応力」が絶賛されている。

 吉村が登場したドッキリ企画は「中継先に現れたヤバめ素人のさばき方で芸人の力量丸わかり説」というもの。タイトル通り、生放送中に素人が乱入してきた際、レポーターを務める芸人はどのように対処するのかを見るといった内容だ。無言でカメラに迫ってくる素人役の男性は明らかにヤバそうなオーラを醸し出しており、パンサーの尾形貴弘やあばれる君が実験台にされた映像では、2人は明らかにパニックになり、うまく対処することはできなかった。

 そんな中、同企画のオオトリとして現れ、格の違いを見せたのが吉村だった。吉村のドッキリの際には、素人役の男性は「角材」を持っていたり、突然奇声を発するなど、ヤバさ要素もさらにパワーアップしていたものの、吉村は「いやいやいやいや、素晴らしい。素晴らしい1本釣りでございます。どうされましたか?」と、笑顔を見せて対応。また、ただ笑顔で対応するだけでなく、さりげなく角材を取り上げてスタッフに渡したり、素人役の男性が奇声を発したタイミングで瞬時にその男性を抱き寄せて奇声を聞こえづらくしたりと、放送事故と認識されないように配慮してレポートを続けていた。

 吉村のみごとなレポートにはスタジオでVTRを見たダウンタウンの松本人志も「パーフェクトやったね」と絶賛。また、視聴者からも「笑顔を絶やさなかったのがまずすごい」「ただの破天荒な人だと思ってたけど、見直した」「あんな危なそうな人を抱きしめるとかなかなかできないよ」などといった声が上がるなど、一気に世間の評価も上がったようだ。

「“破天荒”キャラで売っている吉村ですが、実はマジメで常識人な男として知られています。そのため、何としても任された仕事を全うしようという責任感とプロ意識の高さから、今回のようなレポートができたのでしょう。また、コンビでのネタ中も客いじりをアドリブで入れることも多いこともあって、今回のヤバめ素人との対応時も『もう懐いちゃってるんですよ、お父さんが!』など、ユーモアあふれるコメントが瞬時に出ていたのもよかったですね」(エンタメ誌ライター)

 共演者の劇団ひとりも「吉村、多分一気に仕事増えると思いますよ」と予想していたが、これだけ世間の吉村の見方も変わっている以上、それも現実になるのではないか。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?