スポーツ

アスリートたちの出会いの場・NTCの「夜合宿」(1)あの桃田賢斗が福島由紀と…

 日本バドミントン界をリードする桃田賢斗(24)と福島由紀(25)の密会が発覚。これが国家的スポーツ養成施設と言われる味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)内での秘め事とあってはバツが悪い。アスリート男女が絆を深める「夜の合宿所」の実態とは──。

 バドミントンの男子シングルス・世界ランク1位(10月11日現在)の桃田と女子ダブルスの世界ランク1位(同)の福島が、NTC内の宿泊施設「アスリートヴィレッジ」で2人きりの逢瀬を楽しんでいたと「週刊新潮」(10月18日号)が報じている。スポーツ紙デスクが話す。

「タイトルの『夜這いシャトル事件』が物語るように、今年5月の強化合宿中、福島は自分の部屋を抜け出し、桃田の部屋にシケこんでいた。発覚したきっかけは、ドーピング検査。早朝6時、検査員が福島の部屋に行くも不在。心配したスタッフが施設内の防犯カメラの映像を確認すると、桃田の部屋にいたことがわかった。桃田の所属先は『話をしていただけ』と説明し、日本バドミントン協会も、2人に口頭で注意するだけの大甘な幕引きでした」

 この騒動の3カ月前には、20年東京五輪で金メダルが有力視される柔道73キロ級の橋本壮市(27)が、深夜から明け方にかけて知人をアスリートヴィレッジに招き入れ、厳しい処分を食らっていた。スポーツライターが振り返る。

「この時の『知人』は交際中の女性でした。橋本は強化指定のAランクからBに落とされ、年間最大で240万円の助成金がフイになるばかりか、6カ月間の出入り禁止など、処分は6項目に及びました。NTCのセンター長は柔道界のレジェンド・山下泰裕氏だけに『身内にこそ厳しく』と厳罰が下ったようです」

 それに比べると、今回の日本バドミントン協会の対応には疑問が残るようで、

「NTCの関係者からは、『密会は深夜から早朝にかけてで、短時間ではなかったようだ』という声が聞かれた。防犯カメラの映像内容をもとに説明すべきですし、すぐJOCに報告しなかった点も問われるべきです」(スポーツ紙記者)

 桃田といえば、16年4月に、違法カジノでの賭博行為が発覚するとともに、飲食店勤務の女性とのハレンチ写真が流出。写真誌カメラマンによれば、

「復帰後は改心した様子で、試合に臨む姿勢はもとより、髪の色や髪形、服装、インタビュー対応など、好青年をうかがわせていたが、女好きは治っていなかった(笑)」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大丈夫なの?「万引き家族」地上波放送に心配の声が殺到するワケ
2
「モヤさま」大江麻里子登場が際立たせる三村マサカズへの“キモイ!”酷評
3
フリー美女アナ闇の「肉体営業」テクニック(2)田中みな実の“宇垣美里対策”
4
欅坂46平手友梨奈、微笑ショット公開に「やっぱり笑顔が一番」ファンの歓声
5
フリー美女アナ闇の「肉体営業」テクニック(1)加藤綾子が狙う「新しい仕事」