スポーツ

アスリートたちの出会いの場・NTCの「夜合宿」(1)あの桃田賢斗が福島由紀と…

 日本バドミントン界をリードする桃田賢斗(24)と福島由紀(25)の密会が発覚。これが国家的スポーツ養成施設と言われる味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)内での秘め事とあってはバツが悪い。アスリート男女が絆を深める「夜の合宿所」の実態とは──。

 バドミントンの男子シングルス・世界ランク1位(10月11日現在)の桃田と女子ダブルスの世界ランク1位(同)の福島が、NTC内の宿泊施設「アスリートヴィレッジ」で2人きりの逢瀬を楽しんでいたと「週刊新潮」(10月18日号)が報じている。スポーツ紙デスクが話す。

「タイトルの『夜這いシャトル事件』が物語るように、今年5月の強化合宿中、福島は自分の部屋を抜け出し、桃田の部屋にシケこんでいた。発覚したきっかけは、ドーピング検査。早朝6時、検査員が福島の部屋に行くも不在。心配したスタッフが施設内の防犯カメラの映像を確認すると、桃田の部屋にいたことがわかった。桃田の所属先は『話をしていただけ』と説明し、日本バドミントン協会も、2人に口頭で注意するだけの大甘な幕引きでした」

 この騒動の3カ月前には、20年東京五輪で金メダルが有力視される柔道73キロ級の橋本壮市(27)が、深夜から明け方にかけて知人をアスリートヴィレッジに招き入れ、厳しい処分を食らっていた。スポーツライターが振り返る。

「この時の『知人』は交際中の女性でした。橋本は強化指定のAランクからBに落とされ、年間最大で240万円の助成金がフイになるばかりか、6カ月間の出入り禁止など、処分は6項目に及びました。NTCのセンター長は柔道界のレジェンド・山下泰裕氏だけに『身内にこそ厳しく』と厳罰が下ったようです」

 それに比べると、今回の日本バドミントン協会の対応には疑問が残るようで、

「NTCの関係者からは、『密会は深夜から早朝にかけてで、短時間ではなかったようだ』という声が聞かれた。防犯カメラの映像内容をもとに説明すべきですし、すぐJOCに報告しなかった点も問われるべきです」(スポーツ紙記者)

 桃田といえば、16年4月に、違法カジノでの賭博行為が発覚するとともに、飲食店勤務の女性とのハレンチ写真が流出。写真誌カメラマンによれば、

「復帰後は改心した様子で、試合に臨む姿勢はもとより、髪の色や髪形、服装、インタビュー対応など、好青年をうかがわせていたが、女好きは治っていなかった(笑)」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
肉体関係トークも原因?フジが「松本人志の元カノ・常盤貴子」をスルーしたワケ
5
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ