芸能

インパルス堤下敦、復帰は“2人”ではなく“1人でやり直す”と断言した深意

 昨年10月に自動車事故を起こし、芸能活動を休止していたお笑いコンビ・インパルスの堤下敦が10月24日、YouTubeで芸人としてのキャリアを再スタートさせている。

 再出発の1発目の仕事に選んだのは、お笑いタレントのキングコング梶原雄太が運営するYouTubeチャンネル「カジサック」となった。その冒頭から堤下は事故の被害者や迷惑をかけてしまった関係者へ謝罪。「今後はゼロからしっかりとやり直したい」との再起に向けた意気込みを述べると、謹慎中の質素な生活ぶりや、常に自分を責め続けてしまう日々などを回想し、「1日が長かった。24時間ってこんなにあったんだ」と暇を持て余していたことを明かすも、テレビは電源すら付けられない状態だったという。

「猛省した様子が伝わり、いきなりテレビのバラエティーではなく、身内のYouTubeチャンネルを再出発の場としたことは正解だったかと思います。外野から予期せぬ質問が飛んでくるわけでもないですし、そもそも梶原雄太という芸人も負けず劣らずの“炎上芸人”ですからね。ただ、今回の動画では堤下が『ゼロから1人でやり直して周りの方から認めて頂く存在になる』と力強く語ったことや、相方の板倉俊之について『変な話、自分を笑いにしてくれて…めちゃくちゃやさしいし、本当にありがたい』と感謝するなど、気遣いが感じられました。ネット上でも『1人でやり直す、というのは板倉さんに甘えちゃいけないという堤下さんなりの覚悟が表れているのかなと思う。巻き込んでしまった相方に“ゼロから2人で”とはとても言えない心境なのでは?』『反省もしてるし、相方や仲間達に感謝してるので印象は悪くないと思います』といった温かい声が集まりましたよ」(テレビ誌ライター)

 お笑いコンビを形成する片方の1人が謹慎処分中に片割れの相棒に新たな魅力を見出され、“もはやコンビである必要無し”といった段階へ突入してしまうケースは散見されるもの。だが、ことインパルスに関しては板倉の奥手な性分もあってか、なかなか存在感を発揮することができず、改めて“堤下がいてこそ”といった印象を植え付けた。

“2人でやり直す”のではなく、“1人でやり直す”と宣言し、あくまで“悪いのはオレ1人”と言わんばかりに復帰への階段を上り始めた堤下。今後は自動車の運転は極力控え、地道にかつての名声と輝きを取り戻していけるよう期待したい。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
5
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?