芸能

インパルス堤下敦、復帰は“2人”ではなく“1人でやり直す”と断言した深意

 昨年10月に自動車事故を起こし、芸能活動を休止していたお笑いコンビ・インパルスの堤下敦が10月24日、YouTubeで芸人としてのキャリアを再スタートさせている。

 再出発の1発目の仕事に選んだのは、お笑いタレントのキングコング梶原雄太が運営するYouTubeチャンネル「カジサック」となった。その冒頭から堤下は事故の被害者や迷惑をかけてしまった関係者へ謝罪。「今後はゼロからしっかりとやり直したい」との再起に向けた意気込みを述べると、謹慎中の質素な生活ぶりや、常に自分を責め続けてしまう日々などを回想し、「1日が長かった。24時間ってこんなにあったんだ」と暇を持て余していたことを明かすも、テレビは電源すら付けられない状態だったという。

「猛省した様子が伝わり、いきなりテレビのバラエティーではなく、身内のYouTubeチャンネルを再出発の場としたことは正解だったかと思います。外野から予期せぬ質問が飛んでくるわけでもないですし、そもそも梶原雄太という芸人も負けず劣らずの“炎上芸人”ですからね。ただ、今回の動画では堤下が『ゼロから1人でやり直して周りの方から認めて頂く存在になる』と力強く語ったことや、相方の板倉俊之について『変な話、自分を笑いにしてくれて…めちゃくちゃやさしいし、本当にありがたい』と感謝するなど、気遣いが感じられました。ネット上でも『1人でやり直す、というのは板倉さんに甘えちゃいけないという堤下さんなりの覚悟が表れているのかなと思う。巻き込んでしまった相方に“ゼロから2人で”とはとても言えない心境なのでは?』『反省もしてるし、相方や仲間達に感謝してるので印象は悪くないと思います』といった温かい声が集まりましたよ」(テレビ誌ライター)

 お笑いコンビを形成する片方の1人が謹慎処分中に片割れの相棒に新たな魅力を見出され、“もはやコンビである必要無し”といった段階へ突入してしまうケースは散見されるもの。だが、ことインパルスに関しては板倉の奥手な性分もあってか、なかなか存在感を発揮することができず、改めて“堤下がいてこそ”といった印象を植え付けた。

“2人でやり直す”のではなく、“1人でやり直す”と宣言し、あくまで“悪いのはオレ1人”と言わんばかりに復帰への階段を上り始めた堤下。今後は自動車の運転は極力控え、地道にかつての名声と輝きを取り戻していけるよう期待したい。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
4
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
5
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛