芸能

インパルス堤下敦、復帰は“2人”ではなく“1人でやり直す”と断言した深意

 昨年10月に自動車事故を起こし、芸能活動を休止していたお笑いコンビ・インパルスの堤下敦が10月24日、YouTubeで芸人としてのキャリアを再スタートさせている。

 再出発の1発目の仕事に選んだのは、お笑いタレントのキングコング梶原雄太が運営するYouTubeチャンネル「カジサック」となった。その冒頭から堤下は事故の被害者や迷惑をかけてしまった関係者へ謝罪。「今後はゼロからしっかりとやり直したい」との再起に向けた意気込みを述べると、謹慎中の質素な生活ぶりや、常に自分を責め続けてしまう日々などを回想し、「1日が長かった。24時間ってこんなにあったんだ」と暇を持て余していたことを明かすも、テレビは電源すら付けられない状態だったという。

「猛省した様子が伝わり、いきなりテレビのバラエティーではなく、身内のYouTubeチャンネルを再出発の場としたことは正解だったかと思います。外野から予期せぬ質問が飛んでくるわけでもないですし、そもそも梶原雄太という芸人も負けず劣らずの“炎上芸人”ですからね。ただ、今回の動画では堤下が『ゼロから1人でやり直して周りの方から認めて頂く存在になる』と力強く語ったことや、相方の板倉俊之について『変な話、自分を笑いにしてくれて…めちゃくちゃやさしいし、本当にありがたい』と感謝するなど、気遣いが感じられました。ネット上でも『1人でやり直す、というのは板倉さんに甘えちゃいけないという堤下さんなりの覚悟が表れているのかなと思う。巻き込んでしまった相方に“ゼロから2人で”とはとても言えない心境なのでは?』『反省もしてるし、相方や仲間達に感謝してるので印象は悪くないと思います』といった温かい声が集まりましたよ」(テレビ誌ライター)

 お笑いコンビを形成する片方の1人が謹慎処分中に片割れの相棒に新たな魅力を見出され、“もはやコンビである必要無し”といった段階へ突入してしまうケースは散見されるもの。だが、ことインパルスに関しては板倉の奥手な性分もあってか、なかなか存在感を発揮することができず、改めて“堤下がいてこそ”といった印象を植え付けた。

“2人でやり直す”のではなく、“1人でやり直す”と宣言し、あくまで“悪いのはオレ1人”と言わんばかりに復帰への階段を上り始めた堤下。今後は自動車の運転は極力控え、地道にかつての名声と輝きを取り戻していけるよう期待したい。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道