女子アナ

「熱愛報道」テレ朝・竹内由恵に祝福も「ハイペースすぎる」とファン興味津々

 今は恋愛が最優先か!?

 テレビ朝日・竹内由恵アナの新たな熱愛スクープを10月25日発売の「週刊文春」が報じている。

 同誌によれば竹内アナは10月20日午前0時過ぎに局近辺でイケメン男性と合流。その後、手をつなぎ、買い物を済ませると竹内の自宅マンションに消えていったとのこと。

 その後、同誌編集部が直撃し、「本気の恋?」と竹内アナに訊ねたところ、竹内アナは「遊びじゃないです(笑)」と交際を堂々と認めているそうだ。

 気になるお相手だが、竹内アナの知人によれば、彼女と同年齢の一般人男性とのこと。テレビで見かける美女とはいえ1人の30代独身会社員の熱愛報道ということで、このニュースに対して世間からは「ほっといてあげれば?」「芸能人でもないんだから誰と付き合おうが自由でしょ」など、そっと見守ってあげてほしいといった意見がほとんどだ。

 ただ、女子アナファンからは「竹内アナ、熱愛のペース早いな」「相当焦ってるのかな」「今度こそ幸せになってほしい」など、竹内アナの熱愛に興味津々な様子だ。

「プロ野球の片岡治大やサッカーの香川真司、福山雅治、テレ朝の上司、電通マン、様々な相手と熱愛が報じられてきた竹内アナ。最近ではバスケットボールの田臥勇太と昨年6月に熱愛が発覚しましたが、3月に破局しています。それでも5月中旬には昨年秋にテレ朝を退社した宇佐美佑果元アナとともに女2対男3の合コンに参加していたとも報じられています。合コン後の宇佐美元アナとの2人きりでのコーヒー店では『4人で会った時、ふとした瞬間に見た目はカッコいいなぁって思ったよ。印象がすごく良くて、この人かなぁって思ったの。でも彼の場合、お金の環境が追い込まれ気味だった…』という過去に好意を抱いていた男性についての赤裸々トークをしていたそうです。これに宇佐美元アナは『前の人ですよね?』と質問していましたが、竹内アナは『前の前の彼のこと。前の彼は……“過ち”だよね』と答えていました。竹内アナも婚活に本腰を入れており、もはや前の前の彼が田臥なのか、田臥との恋が過ちなのか、わからないぐらい熱愛報道が多いこともあって、ファンが気になってしまうのも無理はないでしょう」(エンタメ誌ライター)

 2016年に同期の本間智恵アナが結婚した際には、ブログで〈自分も結婚したくなってきたかもっ笑〉と漏らしていた竹内アナ。それから2年の歳月が経ち、同期入社の女子アナで唯一独身ライフを歩む現在は〈結婚したくなってきたかもっ笑〉ではなく〈結婚したい汗〉みたいな心情になっていることに違いない。

(権田力也)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故