スポーツ

岩崎恭子の「不貞報道」に実は数多く書き込まれていた“潔い”の声のワケ

 11月5日、1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ金メダリストの岩崎恭子さんが自身のブログを更新。元ラグビー日本代表の齊藤祐也氏と離婚したことを発表した。岩崎さんは同日の「Smart FLASH」で報じられた既婚者の一般男性との“不貞報道”について「この男性と恋愛関係にあったことは概ね相違ありません」と認め謝罪した。

 こうした報道にネット民は「自業自得ではあるが、嘘つきにならず事実を潔く認めた点はよかった」「この人の行動は許せないことだけど、潔く認めてるわけだし、他の不貞騒動を隠しとおす図々しい人達よりはまし」「不貞を誤魔化したまま認めず、衆議院議員選挙に当選してしまった山尾志桜里や今井絵理子よりは正直でよい」など“潔さ”だけは評価されたようだ。

「岩崎さんは、競泳で14歳6日での金メダルを獲得。これは今なお競泳史上最年少記録。あの時の初々しいメダリストの印象が強いせいか、今回の不貞記事にショックを受けた人もいました。ただ、オリンピック選手レベルとなると、日々競技に邁進し、清廉なイメージがあるかもしれませんが、実は結構な肉食系だと思いますね。何しろオリンピック期間に、選手に避妊のゴムが支給されるのは有名な話。普段からたがいを称えるためにハグや頬にキスをするのは日常茶飯事で、スキンシップも多い。恋愛関係になるのに、そう時間はかからないように思います」(スポーツライター)

 かわいらしかった岩崎も40歳。十分に大人の女性ではあり、不貞発覚後の対応も、大人の判断をしたとは言えそうだが、やはりイメージダウンは必至のようだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった