芸能

「イッテQ!」だけじゃない!次に打ち切り濃厚な日テレの看板番組とは!?

 11月8日発売の「週刊文春」が、バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で放送された「ラオスの橋祭り」が捏造だったと報じた件について、日本テレビは「番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はない」と否定コメントを発表した。しかしラオス政府は、日テレの対応に激怒している可能性があるという。

「フジテレビがラオス政府関係者を取材したところ『橋祭りはラオスの祭りでも文化でもない』と強く否定しており、『本当の祭りを取り上げる企画だと事前に知っていたら、撮影許可は出さなかった』とコメント。さらに『日本人は誠実な人たちだと思っていた』と話し、国際的な信用を失う事態にまで発展しています」(テレビ誌記者)

 また、日テレの「番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」という発表に対し「週刊文春」は、「少年たちからは賞金や自転車などを受け取ったとの証言を得ています」と真っ向から反論。今後、さらなる続報が出れば打ち切りは免れない状況となってきそうだ。

 そんな中、日テレには「イッテQ!」以外にも、打ち切り危機の番組があるという。

「現在、視聴率が低迷し、窮地に立たせられているのが、朝の情報番組『スッキリ』と『バゲット』です。『スッキリ』は、テリー伊藤氏などの毒のあるコメンテーターがいなくなったことで、視聴者が、炎上キャラの社会学者・古市憲寿氏の出演する『とくダネ!』(フジテレビ系)に流れています。また、多数の芸人が出演していた『PON!』を打ち切って始まった『バゲット』は、局アナ中心のスタイルであるため、視聴者からは『地味すぎる!』との声が飛び交い、視聴率も2%台と大爆死。そのため、来年には朝の番組にメスが入れられるのではないかと噂されています」(前出・テレビ誌記者)

 今年の10月、月間視聴率3冠王の座から約5年ぶりに陥落した日テレ。「イッテQ!」まで打ち切りとなれば、雪崩のように全体視聴率が崩壊していくかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
2
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
3
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線
4
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!
5
桑田佳祐の「挑発」に長渕剛が「ケンカをふっかけるなら相手をみろ」の全面戦争/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘話