芸能

「イッテQ!」だけじゃない!次に打ち切り濃厚な日テレの看板番組とは!?

 11月8日発売の「週刊文春」が、バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で放送された「ラオスの橋祭り」が捏造だったと報じた件について、日本テレビは「番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はない」と否定コメントを発表した。しかしラオス政府は、日テレの対応に激怒している可能性があるという。

「フジテレビがラオス政府関係者を取材したところ『橋祭りはラオスの祭りでも文化でもない』と強く否定しており、『本当の祭りを取り上げる企画だと事前に知っていたら、撮影許可は出さなかった』とコメント。さらに『日本人は誠実な人たちだと思っていた』と話し、国際的な信用を失う事態にまで発展しています」(テレビ誌記者)

 また、日テレの「番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」という発表に対し「週刊文春」は、「少年たちからは賞金や自転車などを受け取ったとの証言を得ています」と真っ向から反論。今後、さらなる続報が出れば打ち切りは免れない状況となってきそうだ。

 そんな中、日テレには「イッテQ!」以外にも、打ち切り危機の番組があるという。

「現在、視聴率が低迷し、窮地に立たせられているのが、朝の情報番組『スッキリ』と『バゲット』です。『スッキリ』は、テリー伊藤氏などの毒のあるコメンテーターがいなくなったことで、視聴者が、炎上キャラの社会学者・古市憲寿氏の出演する『とくダネ!』(フジテレビ系)に流れています。また、多数の芸人が出演していた『PON!』を打ち切って始まった『バゲット』は、局アナ中心のスタイルであるため、視聴者からは『地味すぎる!』との声が飛び交い、視聴率も2%台と大爆死。そのため、来年には朝の番組にメスが入れられるのではないかと噂されています」(前出・テレビ誌記者)

 今年の10月、月間視聴率3冠王の座から約5年ぶりに陥落した日テレ。「イッテQ!」まで打ち切りとなれば、雪崩のように全体視聴率が崩壊していくかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
「ソフトバンクを猛追」を妨害するロッテの爆弾「投打のブチ壊し男2人」困った舞台裏
4
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
5
山川穂高「ブーイング攻撃」に参った…沖縄で泡盛飲んで気分転換しても「ドン底大不振」から抜け出せない!