政治

厚顔クレーマー韓国を黙らせる必殺ワザ(2)情報戦で追い詰め倍返し逆襲

 さらに「駄々っ子」韓国を黙らせる秘策は、エネルギー問題にあるという。渡邉氏が続ける。

「韓国は、原油は日本との共同備蓄という形ですが、事実上、日本側が支援している形になっている。ドルが手に入らなくなれば石油は買えませんし、日本側の交渉しだいで原油を止められるんですよ」

 そもそも、韓国の経済発展も、日本の経済支援があったからにほかならない。徴用工問題を巡る日韓の立場についても、韓国のウイークポイントがあると渡邉氏は解説する。

「韓国側としては、日本からお金をもらっていたにもかかわらず(65年の)日韓賠償請求権協定を韓国国民に全部伏せてきたという問題がある。それが『漢江の奇跡』(韓国における60年代以降の急速な経済成長)の原資になったわけですが、多くの韓国人はそれを知らないんです」

 国際法上の経緯を振り返っても、日本側に落ち度はまったくない。

「当初、日本政府は『必要であれば個別補償をする』としていたわけですが、韓国側の強い要請によって一括補償となった。韓国政府が韓国国民が受け取る分も受け取っていて、韓国の国民から請求があった場合、韓国政府が責任を負うと賠償請求権協定で定められているんです。さらには、日本政府としては韓国だけを朝鮮半島の正当な政府であると認めているため『韓国は北朝鮮の分まで補償を受け取っている』という解釈もできるんですよ」(渡邉氏)

 都合の悪い事実は伏せたまま、韓国国民にいい格好をした文政権が、これから日本による倍返しの逆襲を受けるのは間違いない。

 一方、経済基盤が脆弱である韓国に対し、圧倒的な強さでねじ伏せるべきと説くのは、元航空幕僚長の田母神俊雄氏だ。

「その意思さえあれば、韓国を経済的に追い込むことはいとも簡単です。韓国のGDPに占める輸出依存度が約50%であることに比べ、実は、日本の輸出依存度は15~16%と、世界で3番目に低い。日本にとっては韓国との貿易をやめたところで、GDPが数%下がるだけ。逆に韓国にとっては大ダメージです。日本は金属、油、シリコンウェハーといった資本財が、輸出貿易の8割以上を占めているんです。これは日本の圧倒的な強さなんですよ」

 そして、インテリジェンスの重要性を知る田母神氏は、情報戦で韓国を追い詰めよ、とも提言する。

「日本人は『正しいことを言っていればそのうちわかる』と思っているが、国際政治の腹黒い世界では通用しません。今回の問題を国際司法裁判所に訴えるにしても、世界の人は事情を知らないわけだから、もっとお金を使って外国のメディアに宣伝してもらわないといけないのです」

 さらには、ゆがんだ日韓関係を生んだ背景に、日本人の“問題回避症候群”があることを、田母神氏は指摘する。

「日本では『問題を起こさない』ということが政治の目標になっているんです。これは問題回避症候群という病ですよ。本来、何かを改善しようとしたら必ず問題が起きる。問題を起こさないようにと、韓国や中国に謝っても、成功した例はありません。結局、もっと問題が大きくなって再燃しているんです。戦う意思が日本政府になければ変わりません。国が戦わなかったら、財界も戦えないですから」

 田母神氏の檄は安倍総理に届くのだろうか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え