女子アナ

フジ小澤陽子、スタイルも性格も抜群で“ポスト・カトパン”に急浮上

 カトパンこと加藤綾子の16年4月末の退社により、バスト自慢の女子アナが不在の状態にあったフジテレビ。しかし、ここへ来てメキメキと存在感が増し始めたアナがいる。15年入社の小澤陽子アナ、その人である。

「同期の宮司愛海アナの陰に隠れがちでしたが、実は、推定Fカップの持ち主なんです」(女子アナウオッチャー)

 現在レギュラーで出演中の「全力!脱力タイムズ」は、ほぼ毎回のように小澤アナの“バスト祭り”状態となっているという。

「9月の放送では、ビールを飲んで酔っ払い、『脱ぎたくなっちゃった』と、白いジャケットを脱ぐようなそぶりを見せてバストを激しく揺らしていました。さらに10月19日の放送では、ワインレッドのピタピタニット姿でバストがもろ目立ち。ゲストの吉岡里帆よりも、小澤アナのバストの膨らみにネットがザワついていましたよ。イビキに効果のあるという“あかんべ体操”の実演でも、いやらしく唇をすぼませてのキス待ち顔と、舌を思いっきり出して舌先をチロチロさせる“テクニック”まで披露してくれました」(前出・女子アナウォッチャー)

 フジテレビ関係者もこう言う。

「ミス慶応で英語も堪能の才女、しかも可愛いというより美人系ということもあって、入社当時は少々とっつきにくいイメージもありました。しかし、16年からMC担当になった『みんなの競馬』の生放送中、取材したことのある馬が故障上がりのレースで優勝して号泣。そこからスタッフの評判がうなぎ上りとなったんです」

 167センチの長身に迫力のFカップ、しかも性格もヨシ!フジはもっと、小澤アナを全面に出して売り出すべきではないか。

(露口正義)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?