芸能

“胸の渓谷”も注目!? 柏木由紀、主演作「ちょい見え」への情熱にファン歓喜

 ファンであれば何がなんでも目に焼き付けたいシーンだろう。

 AKB48の柏木由紀が13日、都内で行われた12月スタートの主演ドラマ「この恋はツミなのか!?」(TBS系)の取材会に出席。見どころの1つであるちょい見えシーンの撮影の裏側について語っている。同作は小学館「ビッグコミックスペリオール」で連載されていたプロ将棋界を舞台にした人気恋愛コミックで、柏木は幼な顔ながら豊かな胸の持ち主のプロの将棋指し・駒田多恵を演じている。多恵は少し天然も入っているということで、キャラクターを分析しながら、演じるのが楽しかったと柏木は振り返っていた。

 特に柏木が力を入れたというのは第1話の見どころであるスカートがめくれて中にはいているアンダーウエアが見えてしまうというシーン。柏木は「抵抗は、ほとんどなかった。原作の中でインパクトもあって、大切なシーンだと思いましたし」と、挑戦には抵抗がなかったと説明。

 また、このシーンに挑むにあたり、10枚以上のアンダーウエアを用意して鏡を見ながら、どれがいいのかなどこだわったとのこと。さらに柏木は「真剣過ぎた。衣装さんとミリ単位で」アンダーウエアの「見え方を研究した」と、見せ方まで研究するほどの情熱を見せたようだ。そのため、柏木本人も満足がいくちょい見えシーンを撮影することができたようだ。

 このアンダーウエア見えシーン撮影秘話を知ったファンからは「ゆきりんの渾身の『ちょい見え』を見たいわ」「どんな肌着をチョイスしたのか気になる」「胸の見せ場もあることを期待してます」といった意味の放送を待ちきれないとする声が上がっている。

「柏木はアンダーウェアのブランド『Ravijour』の2018年アンバサダーに就任し、初のモデルを務めていますから、ストイックに“ちょい見え”シーンに向き合うことができたのでしょう。たかがちょい見えシーンという見方もありますが、これだけ裏話を聞かされたらファンも気になってしょうがないようですね。元AKBの小嶋陽菜も、12年に放送された主演ドラマ『メグたんって魔法つかえるの?』(日本テレビ系)で、同様のシーンを連発していましたが、そういうシーンがあるとあらかじめわかっていてもファンは毎週放送を楽しみにしていたものです」(アイドル誌ライター)

 キャラ設定にもあるように、柏木と言えば、豊かなバストも魅力の1つだけにバスト魅せにも期待したいところだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン