芸能

“胸の渓谷”も注目!? 柏木由紀、主演作「ちょい見え」への情熱にファン歓喜

 ファンであれば何がなんでも目に焼き付けたいシーンだろう。

 AKB48の柏木由紀が13日、都内で行われた12月スタートの主演ドラマ「この恋はツミなのか!?」(TBS系)の取材会に出席。見どころの1つであるちょい見えシーンの撮影の裏側について語っている。同作は小学館「ビッグコミックスペリオール」で連載されていたプロ将棋界を舞台にした人気恋愛コミックで、柏木は幼な顔ながら豊かな胸の持ち主のプロの将棋指し・駒田多恵を演じている。多恵は少し天然も入っているということで、キャラクターを分析しながら、演じるのが楽しかったと柏木は振り返っていた。

 特に柏木が力を入れたというのは第1話の見どころであるスカートがめくれて中にはいているアンダーウエアが見えてしまうというシーン。柏木は「抵抗は、ほとんどなかった。原作の中でインパクトもあって、大切なシーンだと思いましたし」と、挑戦には抵抗がなかったと説明。

 また、このシーンに挑むにあたり、10枚以上のアンダーウエアを用意して鏡を見ながら、どれがいいのかなどこだわったとのこと。さらに柏木は「真剣過ぎた。衣装さんとミリ単位で」アンダーウエアの「見え方を研究した」と、見せ方まで研究するほどの情熱を見せたようだ。そのため、柏木本人も満足がいくちょい見えシーンを撮影することができたようだ。

 このアンダーウエア見えシーン撮影秘話を知ったファンからは「ゆきりんの渾身の『ちょい見え』を見たいわ」「どんな肌着をチョイスしたのか気になる」「胸の見せ場もあることを期待してます」といった意味の放送を待ちきれないとする声が上がっている。

「柏木はアンダーウェアのブランド『Ravijour』の2018年アンバサダーに就任し、初のモデルを務めていますから、ストイックに“ちょい見え”シーンに向き合うことができたのでしょう。たかがちょい見えシーンという見方もありますが、これだけ裏話を聞かされたらファンも気になってしょうがないようですね。元AKBの小嶋陽菜も、12年に放送された主演ドラマ『メグたんって魔法つかえるの?』(日本テレビ系)で、同様のシーンを連発していましたが、そういうシーンがあるとあらかじめわかっていてもファンは毎週放送を楽しみにしていたものです」(アイドル誌ライター)

 キャラ設定にもあるように、柏木と言えば、豊かなバストも魅力の1つだけにバスト魅せにも期待したいところだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
2
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚