芸能

「イッテQ!」番組冒頭謝罪も「ポイントが違う」大批判!同日の企画にも疑問の声

 人気企画「祭り企画」にヤラセ疑惑が持ち上がっている「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)が11月18日の放送で謝罪を行った。

 番組の冒頭、1分14秒にわたってテロップと音声でヤラセについて謝罪。あわせて祭り企画を当面の間は休止すると発表した。

 これで騒動にも幕引きかと思われたが、謝罪放送に批判が殺到。かえって火に油を注ぐ事態となっている。

「その理由は番組の謝罪の言葉にあります。『当番組の「祭り」企画をめぐり、視聴者のみなさまに疑念を抱かせ、ご心配をおかけする事態に至ったことについて深くお詫び申し上げます。』と切り出したのですが、これが『ヤラセを謝罪した』のではなく『世間を騒がせたことを謝罪した』と捉えたようです。謝罪するところはそこではないだろうと批判が集まっているというわけです」(テレビ誌ライター)

 さらにこの日の放送では思わぬツッコミが入ってしまった。放送内容は「珍獣ハンターイモトワールドツアー in ガーナ」と「カレンダープロジェクト in トンガ」の2本立て。カレンダープロジェクトでは、オーシャンズ金子がザトウクジラのヒートランを写真に収めようとトンガに向かった。このカレンダー企画が、本来ボツになったもので、中止になった祭り企画の代わりに引っ張り出してきたのではないかという憶測が視聴者の間でささやかれているのだ。

「確かに、イッテQはお金をかけて撮影してもおもしろくなければ平気でボツにするそうです。この放送はカメラマン同士の対決をいじったりと、本筋からずれた部分で何とかおもしろく編集している感がありました。だから、本来であればボツになっていた企画に見えなくもないという論法のようです。その一方で、この企画は自然が相手なので、絶対にヤラセができない。うがった見方ですが、ヤラセ疑惑で謝罪をした回で放送するには最適の内容。だから、かなりボツに近かった企画を引っ張り出してくる“動機”が十分あるんじゃないかという疑問が生じているというわけです」(前出・テレビ誌ライター)

 みごとザトウクジラのヒートランを写真に収めたオーシャンズ金子。SNSには「金子は持ってる」「幸運の持ち主」との声がいくつも上がっているが、“盛っている”などと言われないことを祈るばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権