芸能

天才テリー伊藤対談「加藤諒」(4)レッドカーペット感動したでしょう

テリー これからどんな役者になりたいのか、具体的なイメージはあるのかな。

加藤 僕はイメージ的にもポップな作品への出演が多いんですけど、これから公開の「ギャングース」という映画は、「まさにこういう作品をやりたかった!」という感じでした。これからも、こういう作品にたくさん出ていきたいですね。

テリー 一足先に観させてもらったけれど、犯罪集団から窃盗を働いて生活している3人の少年たちを描いた、なかなかシリアスな内容だね。

加藤 はい、3人のやっていることは確かに犯罪なんですけれど、実際にそうしないと生きていけない人たちもいるという強いメッセージ性もありつつ、カーアクションやバトルもあってエンターテインメント性の高い、楽しい作品に仕上がっています。ぜひご覧いただいて、こういう人たちの存在や生きざまを知ってもらえたら、うれしいです。

テリー 観ていて驚いたんだけど、加藤さん、回想シーンで自分の役の小学生時代も演じていたでしょう? あれ、すごく自然でビックリしたよ。

加藤 ありがとうございます。僕も、まさか自分が子供時代まで演じるとは思わなかったんですよ。衣装合わせの時、「じゃあ次、子供時代、いきます」と言われて、急に短パンをはかされて「えっ、僕がやるんですか?」って(笑)。

テリー 普通はそう思うよね、なかなか大胆な演出だと思う。事前に演技プランを立てましたか。

加藤 歩いている小学生を観察して、走り方や腕の振り方を研究しました。あの場面は、いまだにちょっと恥ずかしくて、あまり客観視できない感じなんですけれど‥‥(苦笑)。

テリー いやあ、全然大丈夫だったよ。原作は大人気の漫画じゃないですか。こういうオファーの時は、やっぱり原作を読んで役作りをするの?

加藤 基本はそうです。ふだんだと「自分がこの役をやるのか」という仕事意識で読むんですが、「ギャングース」に関しては、もともと大好きな漫画で、よけいにうれしかったですね。

テリー 「この役が俺のところに来た!」みたいな。

加藤 はい。でも、僕が演じた「カズキ」というキャラクターを以前から演じてみたいと公言していた、友達の役者さんがいたんです。彼の熱意を知っていたので、役が決まった時は複雑な気持ちになりました。

テリー なるほど、仕事と友情の板挟みだね。

加藤 その子にどうやって伝えたらいいのか悩みましたし、すごくドキドキしました。それで情報解禁になった時に、「実は‥‥」とメールして。

テリー 聞いてるこっちがドキドキするよ。で、どうだったの。

加藤 「カズキを演じるのが、諒君でよかった」と返事をくれました。

テリー いい男だね、ほれたでしょう?

加藤 ほれました(笑)。彼とは昔、「東京国際映画祭」へ一緒に通っていたんですけれど、僕、今回の映画で「東京国際映画祭」のレッドカーペットを歩かせていただいたんですよ。

テリー 観る側から観られる側に回ったわけだ。それは感動したでしょう。

加藤 いや、もう本当に信じられないですね。だから「ギャングース」という作品が、いっそう思い入れのある作品になりました。これからも、こういう作品に出会えるように頑張りたいと思います。

◆テリーからひと言

 仕事は真面目だし、性格もいいし、あとはそろそろ恋愛対象をハッキリさせようよ(笑)。今度は新宿2丁目で会おうか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美