芸能

「まんぷく」松坂慶子が確立した新しい姑像“ウザかわいい義母”に称賛の声!

 昨年6月に他界した野際陽子は、1992年7月期放送のドラマ「ずっとあなたが好きだった」(TBS系)で佐野史郎演じる息子の冬彦を溺愛する母を演じ、賀来千香子演じるヒロインで嫁の美和を困らせたことをきっかけに「着物の似合う手厳しい姑像」を確立。その後も「厳しい姑」を数多く演じ「姑女優」の異名を持つまでになった。野際は自分の後継者として浅野ゆう子を指名したが、浅野はまだ姑役を演じたことはないのが現状だ。

 そんな状況下で、新たな姑像を確立したのが松坂慶子だ。

 松坂は朝ドラ「まんぷく」(NHK)で安藤サクラ演じるヒロイン・福子の母、鈴を演じているのだが、これが大当たりしたようだ。

 鈴は、常に不平不満を口にし、ふた言目には「私は武士の娘です」と言っては相手をねじ伏せようとする、いわゆる“困ったちゃん”。福子は、長年の母娘の付き合いから笑顔で聞き流したり、正論で言い負かしたりもするのだが、長谷川博己演じる婿の萬平は、鈴の言うことがまったく聞こえないかのごとく無視するため、鈴はそんな萬平にホオをふくらませたり拗ねたり、11月19日放送の第43話では、とうとう家出までしてしまうのだ。

「こんな母親、義母を他の女優が演じたら、ただ単にうっとうしいだけのおばさんに見えてしまいそうですが、松坂が演じると“うざかわいい”と評判になっているようです。ネット上では鈴の口癖である『武士の娘』を略して『ぶしむす』と呼ばれ、松坂にしかできない新しい母親、義母像だと称賛されているのだとか」(テレビ誌ライター)

 役者のすばらしさは何も演技力だけでは測れない。松坂の新境地「うざかわいい母親、義母」役を、朝ドラ以降も究めてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史