社会

悪徳「催眠商法」元エリート講師がザンゲ暴露(3)一カ所にとどまるのは2カ月

 そうなれば、しめたもの。

「あとはお坊さんの説法のような話に移行する。例えば、親が残した遺産を奪い、殺し合いになった事件があれば、それを引用して、ため込むだけため込んで死ぬことがいかに寂しい人生か、などなど。たった一度の人生でせっかく手に入れたお金を使わない日々を送っていいのか、という気持ちにさせたあと、いよいよ本題の高額商品が登場し、説明に入るというわけです」

 もちろん、商品説明も用意周到。「新聞で取り上げられた‥‥」「長い歴史の中で認められた‥‥」「ごく一部の限られた地域でしか採取できない‥‥」「市販のものより吸収率が3倍違う‥‥」などのフレーズを多用する。

「この商品がいいものだということを完璧に信じ込ませます。そのため、客は我に返っても、訴えるというところまではいかない。それが他の悪徳商法と一線を画すところなんです」

 別掲のトラブル一覧表で、催眠商法が上位にランクインしていないのは、そもそも、だまされたという意識で憤慨したり、相談するということ自体が少ないからなのだ。

 ロバート氏が勤務していた会社では一定期間、一カ所にとどまり、セミナーなどを開催していたが、

「短い開催期間で別の場所に移動してしまうと『あの会社は売るだけ売っておしまい』と信用を失ってしまいます。長期にわたって開催したほうが深く信じ込ませることができるし、数カ月後にリピートも可能。ただ、同じ顔ぶれの客たちに高額商品を売り続けるのには限度がある。つまり、信用されつつ売り続けるためには、2カ月ほどがマックスの期間なんです」

 その2カ月間には、その日ごとに意味があり、あるいは全体のストーリーがある。最初の1カ月で高額商品を一つでも買ってくれる会員を一人でも多く作り、次の1カ月で、その会員にあれもこれもと勧めていくのだ。

「私が勤務していた会社は健康食品や健康布団のほか、十数種類の商品を扱っていましたが、正直、商品はなんでもいいんです。なぜなら、一度買ってくれた客は、その多くがもう一度買ってくれるから。現金で買えなければ、ローンを組ませる。従業員の間では、そういう太い客の取り合いが続くんです」

 つまり、セミナー開催中の2カ月で、従業員と客との間にどれだけ強い人間関係を作れるか、がカギとなるのである。

「80歳くらいのおばあちゃんにしてみたら、20代、30代の男性従業員は孫も同然。それが『おばあちゃん、毎日来てくれてありがとう』と接客してくれて、『これ、僕からおばあちゃんだけへのプレゼント。他の人には言わないでね』と、そっとお土産を手渡す。一人暮らしでふだん優しくされたことのないおばあちゃんが舞い上がるのは当然のこと。自分を認められた気持ちになる」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣、「けもなれ」でベッドシーンに「共感できない!」の声殺到のワケとは
2
柏木由紀、新ドラマ初回から「胸の渓谷」「イチゴ柄アンダーウエア」見せた!
3
「今日から俺は!!」清野菜名×橋本環奈タイマンが「ガッキー潰し」決定打だった!
4
郷ひろみ、あの声優歌手に“公開処刑”されるも「大人の寛容」を見せ拍手喝采
5
宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(2)「たいていの女は喜ぶのに」