社会

悪徳「催眠商法」元エリート講師がザンゲ暴露(4)「購入限度額」は計算ずく

「でも、家に帰って冷静になると『年金暮らしの私には30万円は厳しいなぁ‥‥。ああ、どうしよう』と。ただ、もし自分が買った商品を返すと言ったら手のひらを返して冷たくされ、嫌な言葉を浴びせられるのが怖い。嫌われたくない。で、返せなくなってしまうんです。これは若い女性にはない、高齢女性特有の心理なんです」

 そして「後悔しても返さないで済む」限度額が、30万円だという。まさに何から何まで計算ずくの手口。ロバート氏はこの会社に6年在籍し、優秀な成績を残しながらも退社したが、

「泣きながら『ごめんね、もうお金がないの』と言うおばあちゃんに『大丈夫、大丈夫』と言って無理やりローンを組ませたり、ガンに効果があることを匂わせ、健康食品を買わせたお客さんの娘さんがガンで亡くなったことを知らされたり‥‥。今思い出しても胸が痛くなることが、たくさんあります。人の弱みにつけ込んで、お金をむしり取る。催眠商法の卑劣さはそこにあるんです」

 では、催眠商法に引っ掛からないためには、どうしたらいいのかといえば、

「悲しいかな、『自分は絶対にだまされない』と思っていても、いったん会場に足を運ぶと雰囲気に飲まれてしまいます。だから、誘われても絶対に近づかないこと。これが最大の防御策です。危険なのは、商品を売りつけられる前に心を奪われてしまうこと。それを肝に銘じてください」

 高齢になった親が毎日、決まった時間に出かけるようになり、決まった時間に土産を持って戻ってくる。あるいは実家に帰ったら、今使う必要のない日用品がたまっている。そんな光景に出くわしたら要注意。

「事前に『大きな買い物をする時はひと言教えてね』『もし買ってしまっても教えてね、絶対怒らないから』と伝えておくことです」

 それでも被害にあってしまったら、迷わずクーリングオフの手続きを取り、国民生活センターに相談するべきと警鐘を鳴らす。

「これまで高齢者をさんざんだましてきました。だから一人でも多くの人に、催眠商法の手口を知ってもらいたい。それがせめてもの懺悔になればと思っています」

 一度行ったら高額商品を買わされるだけでなく、心までも奪ってしまう催眠商法。当たり前だが、うまい話には裏があるのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」