社会

悪徳「催眠商法」元エリート講師がザンゲ暴露(4)「購入限度額」は計算ずく

「でも、家に帰って冷静になると『年金暮らしの私には30万円は厳しいなぁ‥‥。ああ、どうしよう』と。ただ、もし自分が買った商品を返すと言ったら手のひらを返して冷たくされ、嫌な言葉を浴びせられるのが怖い。嫌われたくない。で、返せなくなってしまうんです。これは若い女性にはない、高齢女性特有の心理なんです」

 そして「後悔しても返さないで済む」限度額が、30万円だという。まさに何から何まで計算ずくの手口。ロバート氏はこの会社に6年在籍し、優秀な成績を残しながらも退社したが、

「泣きながら『ごめんね、もうお金がないの』と言うおばあちゃんに『大丈夫、大丈夫』と言って無理やりローンを組ませたり、ガンに効果があることを匂わせ、健康食品を買わせたお客さんの娘さんがガンで亡くなったことを知らされたり‥‥。今思い出しても胸が痛くなることが、たくさんあります。人の弱みにつけ込んで、お金をむしり取る。催眠商法の卑劣さはそこにあるんです」

 では、催眠商法に引っ掛からないためには、どうしたらいいのかといえば、

「悲しいかな、『自分は絶対にだまされない』と思っていても、いったん会場に足を運ぶと雰囲気に飲まれてしまいます。だから、誘われても絶対に近づかないこと。これが最大の防御策です。危険なのは、商品を売りつけられる前に心を奪われてしまうこと。それを肝に銘じてください」

 高齢になった親が毎日、決まった時間に出かけるようになり、決まった時間に土産を持って戻ってくる。あるいは実家に帰ったら、今使う必要のない日用品がたまっている。そんな光景に出くわしたら要注意。

「事前に『大きな買い物をする時はひと言教えてね』『もし買ってしまっても教えてね、絶対怒らないから』と伝えておくことです」

 それでも被害にあってしまったら、迷わずクーリングオフの手続きを取り、国民生活センターに相談するべきと警鐘を鳴らす。

「これまで高齢者をさんざんだましてきました。だから一人でも多くの人に、催眠商法の手口を知ってもらいたい。それがせめてもの懺悔になればと思っています」

 一度行ったら高額商品を買わされるだけでなく、心までも奪ってしまう催眠商法。当たり前だが、うまい話には裏があるのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣、「けもなれ」でベッドシーンに「共感できない!」の声殺到のワケとは
2
柏木由紀、新ドラマ初回から「胸の渓谷」「イチゴ柄アンダーウエア」見せた!
3
「今日から俺は!!」清野菜名×橋本環奈タイマンが「ガッキー潰し」決定打だった!
4
郷ひろみ、あの声優歌手に“公開処刑”されるも「大人の寛容」を見せ拍手喝采
5
宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(2)「たいていの女は喜ぶのに」