芸能

結局「好き嫌い」!?お笑いレース番組関係者が明かすM-1“本当の審査基準”

「M-1グランプリ2018」は、決勝初進出となった「霜降り明星」が史上最年少優勝を果たし大いに番組を盛り上げたが、上沼恵美子への批判騒動しかり、毎年のこととはいえ、審査を巡っては様々な議論があるようだ。

 今回、最も多かったのは、“3年連続2位という結果に終わった「和牛」こそが優勝にふさわしかったのではないか”という意見だ。

「ネットニュースのコメントやSNSにも、『和牛が良かったと思いますが、プロから見る目と素人から見る目が違うんですかね?』といった意見がほとんどでした」(芸能記者)

 しかし、伝統的なしゃべくり漫才を高く評価してきたオール巨人も、霜降り明星の1本目には93点の高得点をつけ、上位3組での最終決戦にも霜降り明星に票を入れており、ネットユーザーたちの指摘と現実とは少々ズレがありそうだ。

 結局、何が結果を分けたのか。有名お笑いショーレースの審査員を務める、あるお笑い番組関係者はこう話す。

「『週刊プレイボーイ』の連載でオール巨人が審査基準について、『新鮮味とうまさ、その総合点』と書いていたように、プロの芸人がネタを見る場合、まず大きなポイントとなるのは“新しさ”です。今までにない設定や笑いを生み出すシステムがあるかないか。その発想と本人たちの技術が合致して、ちゃんと笑いが取れているか。この“新しさ”の見極めや評価が、プロと素人の大きな差といえるでしょう」

 ただ、時にそれを超えてくるのが、芸人個々人の「個性」や「魅力」なのだという。

「要は、単純な好き嫌いです。特に、関西の師匠方が若手によく言うのは、『舞台でもっと汗をかけ。一生懸命やっている姿は、人間が可愛く見えて笑ってもらえるんやで』というアドバイス。実際、この日は、サンドウィッチマンの富澤を含む複数の審査員が“人間が見えるか見えないか”を審査基準にしていました。和牛は確かに新しいしうまいしおもしろいのですが、スマートで品はあるものの、可愛くは見えない。またジャルジャルは、富澤に『マシンに見える』と言われたように、ネタの完成度は高くとも人間味が出なかった」(前出・お笑い番組関係者)

 そうした点で、汗だくの熱演を見せた霜降り明星は、ネタ自体には目新しさはなかったが、「プロの審査員の好き嫌いを大いに左右する可愛らしさがあり、人間が見えた」のだという。

「ただ、その熱演ぶりは、ライトな感覚で番組を楽しむ一般視聴者には“うるさい”“見ていて疲れる”と映ったということでしょうね。M─1は、おもしろさの絶対評価を決めるものではない。そもそも、そんなことは不可能で、不確定要素が多いからこそ、見る者、演じる者の感情を様々にかき乱す。だからドラマが生まれ、人気コンテンツになっているわけです」(前出・お笑い番組関係者)

 そう考えると、上沼の審査時の発言は、実は、相当にわかりやすいものなのかもしれない。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣、「けもなれ」でベッドシーンに「共感できない!」の声殺到のワケとは
2
柏木由紀、新ドラマ初回から「胸の渓谷」「イチゴ柄アンダーウエア」見せた!
3
「今日から俺は!!」清野菜名×橋本環奈タイマンが「ガッキー潰し」決定打だった!
4
郷ひろみ、あの声優歌手に“公開処刑”されるも「大人の寛容」を見せ拍手喝采
5
宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(2)「たいていの女は喜ぶのに」