芸能

ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」で夏菜が主役を演じる本当のワケ

 1月10日にスタートするドラマ「ちょうどいいブスのススメ」(日本テレビ系)にて、女優の夏菜が主役を演じることが発表され、世の中をざわつかせている。お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイが著した同名エッセイを原作とする本作で、夏菜の役どころは「自己表現へたくそブス」。片思いの男性にアプローチできない夏菜が、山崎の演じる神様に教えを請い、「ちょうどいいブス=素敵な女性」を目指すという。

 この配役が発表されると、「夏菜がブスなら世の中全員ブスということか」と制作陣への大ブーイングが発生。さらに夏菜が「今まで演じたことのないタイプの役」とのコメントを発したことで、「そりゃあなたにはブスの気持ちはわからないでしょうね」と、夏菜批判まで巻き起こっている状況だ。そんな悪評ぷんぷんの配役について、テレビ誌のライターが裏読みする。

「テレビ局の都合を考えれば、本作では美人を主役に据えるのが最も安全でしょう。たとえば制作側が『コイツならブス扱いでいいだろう』と顔で選んでしまうと、ハラスメントとの批判を免れません。中には『私はブス』をアピールする女性芸能人もいますが、そういった“ビジネスブス”では、自分をブスだと思って悩んでいる女性からの共感は得られないもの。そして何より『ブスをウリにするドラマ』だと、コンプライアンスの厳しいご時世ではスポンサーがつきづらい。それゆえ主役には、無理を承知で夏菜のような美人を充てるしかないのです」

 ただ、女優が美人なのは当たり前。その中であえて夏菜を起用したのには、何かしらの理由がありそうだ。その点についてテレビ誌のライターが続ける。

「夏菜は確かに美人ですが、化粧品のCMに起用されるほどの美人とは言い難い。そしてFカップバストのおかげで男性人気は高いものの、女性受けはさほど期待できないタイプです。それゆえドラマのターゲットである女性視聴者から見れば『夏菜がブス…ま、いいんじゃない?』となるのでしょう。また最近の彼女はバラエティ番組での活躍が目立っており、それも『女優だけどブス扱い』を視聴者が受け入れられやすい理由になっていそうです」

 はたして夏菜がどれくらいブス役にハマるのか。そんな点も見どころになりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣、「けもなれ」でベッドシーンに「共感できない!」の声殺到のワケとは
2
柏木由紀、新ドラマ初回から「胸の渓谷」「イチゴ柄アンダーウエア」見せた!
3
「今日から俺は!!」清野菜名×橋本環奈タイマンが「ガッキー潰し」決定打だった!
4
郷ひろみ、あの声優歌手に“公開処刑”されるも「大人の寛容」を見せ拍手喝采
5
宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(2)「たいていの女は喜ぶのに」