芸能

ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」で夏菜が主役を演じる本当のワケ

 1月10日にスタートするドラマ「ちょうどいいブスのススメ」(日本テレビ系)にて、女優の夏菜が主役を演じることが発表され、世の中をざわつかせている。お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイが著した同名エッセイを原作とする本作で、夏菜の役どころは「自己表現へたくそブス」。片思いの男性にアプローチできない夏菜が、山崎の演じる神様に教えを請い、「ちょうどいいブス=素敵な女性」を目指すという。

 この配役が発表されると、「夏菜がブスなら世の中全員ブスということか」と制作陣への大ブーイングが発生。さらに夏菜が「今まで演じたことのないタイプの役」とのコメントを発したことで、「そりゃあなたにはブスの気持ちはわからないでしょうね」と、夏菜批判まで巻き起こっている状況だ。そんな悪評ぷんぷんの配役について、テレビ誌のライターが裏読みする。

「テレビ局の都合を考えれば、本作では美人を主役に据えるのが最も安全でしょう。たとえば制作側が『コイツならブス扱いでいいだろう』と顔で選んでしまうと、ハラスメントとの批判を免れません。中には『私はブス』をアピールする女性芸能人もいますが、そういった“ビジネスブス”では、自分をブスだと思って悩んでいる女性からの共感は得られないもの。そして何より『ブスをウリにするドラマ』だと、コンプライアンスの厳しいご時世ではスポンサーがつきづらい。それゆえ主役には、無理を承知で夏菜のような美人を充てるしかないのです」

 ただ、女優が美人なのは当たり前。その中であえて夏菜を起用したのには、何かしらの理由がありそうだ。その点についてテレビ誌のライターが続ける。

「夏菜は確かに美人ですが、化粧品のCMに起用されるほどの美人とは言い難い。そしてFカップバストのおかげで男性人気は高いものの、女性受けはさほど期待できないタイプです。それゆえドラマのターゲットである女性視聴者から見れば『夏菜がブス…ま、いいんじゃない?』となるのでしょう。また最近の彼女はバラエティ番組での活躍が目立っており、それも『女優だけどブス扱い』を視聴者が受け入れられやすい理由になっていそうです」

 はたして夏菜がどれくらいブス役にハマるのか。そんな点も見どころになりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
2
畠山愛理も霞む”Eバスト”!NHK副島萌生の「色香滴り」衣装にネット騒然
3
「三角」はイヤ!西野七瀬「水着嫌い」告白にファンから逆に歓喜の声
4
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
5
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?