スポーツ

藤浪晋太郎「一軍にいてもらわないと…」

 大谷のスロースタートをよそに、昨年、大阪桐蔭で甲子園春夏連覇を成し遂げた阪神・藤浪は、自主トレ中から何度もブルペン入りを果たしている。「浪速のダルビッシュ」の評価は高まるばかりだ。

「シャトルラン、持久走、背筋など、どの練習も高いレベルでこなし、フィールディングの技術はスカウトの報告以上だったといいます。197センチという高身長にもかかわらず体を持て余すことがなく、球を低めに集める制球力もある。『高校クラスではバランスも含めてナンバーワン。現時点では確実に大谷より上。大人と子供の差』とまで断言するスカウトもいました」(前出・プロ野球担当記者)

 ただし、「10年に一人の逸材」候補とはいえ、高卒ルーキーに多くを期待するのは酷というもの。

「クイックと牽制は正直、下手ですね。試合で一塁ランナーを目で見やるしぐさを『見てないんじゃないか』と対戦校に見破られたこともある。これまでは素質でマイナス面もカバーしてきましたが、プロで活躍するにはまだ課題が多い。ところが、関西メディアが久々のスター候補を前にして、球団に『一軍にいてもらわないと商売にならない』と頭を下げているというんです。金の卵ゆえに周りの都合で振り回されることが心配されます」(球界関係者)

 先にも指摘したように、阪神には高卒ルーキー育成について不安が付きまとっている。とはいえ藤浪には、周囲に翻弄されることなどないクレバーさが備わっているという。

「口癖は『自分の投球内容が悪くてもチームが勝てばいい』です。昨年、大谷が160キロを出した際にも藤浪は『何を言われても他人は他人です。僕は161キロを出したいとは思いません』と淡々と話しましたね。流されることがないんです。球団関係者も『周りが騒いでも冷静でいられるだろう』と見ています」(前出・スポーツ紙デスク)

 プロ野球評論家の野村弘樹氏が言う。

「藤浪には大舞台で投げてきた経験があるうえ、合同自主トレ初日からブルペンに入るような準備もしっかりとできている。ケガだけは怖いので無理はさせられないが、開幕一軍で投げる力も十分にあると思います。昨年のソフトバンク・武田のように、慎重にシーズン途中からの一軍合流となっても7勝ぐらいは積み上げられるのではないでしょうか」

 一昨年のドラフトで巨人に入団する腹づもりが、日本ハムの横やりがあって1年の浪人生活を送った東海大・菅野智之(23)は、昨年のドラフトで単独指名を受け、晴れて巨人の一員となった。連覇を目指す巨人が2年越しで獲得したエース候補だが、やはりブランクが不安視されている。

 野村氏が言う。

「本人は大丈夫だと言っていますが、実戦感覚をいかに取り戻せるかにかかっています。いくら練習で登板しても、緊張感の中で行われる対外試合でのピンチやプレッシャーを経験せずに1年間もブランクがあることは心配です。まして先発のコマがそろった巨人では、ローテに食い込むことが活躍の第一条件となる。もちろん、そこまで残れば10勝できる力はあると見ています」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
まるでコント?劇場版コード・ブルー「流血シーン」続出にドン引きの声も
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!